日本消化器内視鏡学会雑誌
Online ISSN : 1884-5738
Print ISSN : 0387-1207
ISSN-L : 0387-1207
資料
上部消化管内視鏡検査におけるタイムアウト及び鎮静後の帰宅判定基準の導入状況についての調査
今川 敦藤城 光弘道田 知樹溝上 裕士
著者情報
ジャーナル 認証あり HTML

2022 年 64 巻 4 号 p. 1039-1047

詳細
抄録

【背景・目的】EGDの周術期管理においてタイムアウト及び鎮静後の帰宅判定基準はどの程度普及しているか不明である.本研究の目的はその導入の実態を明らかにすることである.

【方法】国内の内視鏡医にアンケート調査を依頼した.

【結果】66施設より回答を得た.タイムアウトは61%(40施設)ですでに導入されていた.確認事項(項目)は6割以上の施設で患者氏名・検査内容・抗血栓薬・アレルギー・基礎疾患を採用していた.一方,帰宅判定基準は65%(43施設)で導入されていたが,いずれの検討も施設ごとに基準が様々で統一されていなかった.

【結論】EGDにおけるタイムアウト及び鎮静後の帰宅判定基準は普及しつつあるが,全国的に統一された基準の作成が望ましいと思われた.

著者関連情報
© 2022 一般社団法人 日本消化器内視鏡学会
前の記事 次の記事
feedback
Top