Journal of Inclusive Education
Online ISSN : 2189-9185
ISSN-L : 2189-9185
原著論文
新学習指導要領の観点に基づいた知的障害の教育課程・指導法の実証的研究
―特別支援教育成果評価尺度(SNEAT)を用いた縦断データの分析を中心に―
太田 麻美子小原 愛子運天 尚美權 偕珍
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2019 年 7 巻 p. 16-25

詳細
抄録

文部科学省(2019)は、2017年から次期学習指導要領に関する周知・徹底を行っており、それに伴い小・中学校においては「カリキュラム・マネジメント」の観点を取り入れた次期学習指導要領に即した教育課程の改善等が少しずつではあるが、行われてきている。  本研究では、沖縄県内の知的障害を主とする特別支援学校において、教育課程の改善を行った2017年度及び2018年度の授業を、特別支援教育成果評価尺度(Special Needs Education Assessment Tool; 以下、SNEAT) (Han, Kohara & Kohzuki, 2014)を用いて評価する。そうすることで、教育課程及び指導内容の改善が児童生徒にどのような効果を与えるのかを検討することを目的とした。

著者関連情報
© 2019 一般社団法人アジアヒューマンサービス学会
前の記事 次の記事
feedback
Top