国際生命情報科学会誌
Online ISSN : 2424-0761
Print ISSN : 1341-9226
ISSN-L : 1341-9226
ミニシンポジウム
前世療法を受けての一考察
(前世療法がもたらす癒しと知見,ミニ・シンポジウム,第34回生命情報科学シンポジウム)
林 和枝
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 30 巻 2 号 p. 233-

詳細
抄録

前世療法とは、セラピストの催眠誘導により、クライエントの前世の記憶を潜在意識から浮かび上がらせ、現在の人生における不全感や問題の解消する心理療法である。また前世療法には、現在の人生の意義への気づきや癒し、潜在能力の開発といった効果があると言われている。今回のシンポジウムでは、筆者が初めて施術を受けた体験を通して得た知見とその効果について発表する。

著者関連情報
© 2012 国際生命情報科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top