日本保健医療福祉連携教育学会学術誌・保健医療福祉連携
Online ISSN : 2434-4842
Print ISSN : 1883-6380
クリニカルIPEを初めて受け入れた病院における医療職に及ぼす影響
森 美保菅原 よしえ志田 淳子大塚 眞理子
著者情報
キーワード: クリニカルIPE, 医療職, 病院, IPW
ジャーナル フリー

2020 年 13 巻 2 号 p. 144-152

詳細
抄録

【目的】クリニカルIPEを初めて受け入れた病院における医療職に及ぼす影響を明らかにする。 【方法】医療職によるフォーカス・グループ・ディスカッションを実施し,逐語録を質的帰納的に分析した。 【結果】対象者は医師・看護師・薬剤師の5名であった。分析の結果47コード,19サブカテゴリ,5カテゴリが抽出された。クリニカルIPEを初めて受け入れた病院では【クリニカルIPEの実施に伴い問題に直面した】が【病棟で医師・看護師・薬剤師と教員が協力して連携の強化を図る】こと,【クリニカルIPEの受け入れ病院として自覚し創意工夫する】ことで展開方法を築き上げていた。この過程では【院内職種間で専門性を理解し合う】ことや【クリニカルIPEが実習指導者の成長の機会とな る】ことが示された。 【結論】クリニカルIPEは,実習指導者の教育的能力の向上や臨床現場のIPWの促進をもたらしていた。この結果を職員研修の機会につなげていくことの必要性が示唆された。

著者関連情報
© 2020 日本保健医療福祉連携教育学会
前の記事 次の記事
feedback
Top