脈管学
Online ISSN : 1880-8840
Print ISSN : 0387-1126
ISSN-L : 0387-1126
症例報告
両側上肢重症虚血に対して上行大動脈から両側上腕動脈へのバイパスにて救肢しえた1例
嵯峨根 正展古川 浩阿部 裕之小林 俊也
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 57 巻 4 号 p. 63-67

詳細
抄録

84歳,女性。両側の鎖骨下動脈から上腕動脈に高度狭窄または閉塞を認め,両側椎骨動脈にも閉塞を認めた。Y型人工血管と大伏在静脈によるcomposite graftを用いて上行大動脈から両側上腕動脈へのバイパスを作成した。術後は両側橈骨動脈の拍動触知は良好となり,壊死の進行も止まった。両側上肢虚血の同時発症で両側椎骨動脈が閉塞している症例において上行大動脈から両側上腕動脈へのパイパスは有効と考えた。

著者関連情報

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/4.0/deed.ja
前の記事 次の記事
feedback
Top