日本補完代替医療学会誌
Online ISSN : 1348-7930
Print ISSN : 1348-7922
ISSN-L : 1348-7922
症例報告
Coix-seed Reactive Derivatives(CRD)摂取が有用であった摩擦性黒皮症の1例
鈴木 信孝杉本 勇人橋本 慎太郎許 鳳浩上馬塲 和夫
著者情報
ジャーナル フリー

2019 年 16 巻 1 号 p. 57-60

詳細
抄録

ハトムギの外殻・薄皮・渋皮を含む全粒熱水抽出エキス(Coix-seed Reactive Derivatives;CRD)摂取が有用であった両膝から下腿前面の摩擦性黒皮症の1例を経験したので報告した.患者は,58歳男性.柔道整復師という職業柄,両膝をつき衣服で皮膚が擦れることが多く,20年来,両膝蓋部から下腿前面にかけて広範囲に強い色素沈着を認めていたが,CRD含有食品(CRD 4.2g/日)を6ヶ月間摂取したところ,病変は著しく改善した.本例は,通常の業務を行っていたにも関わらず,CRD摂取により摩擦性黒皮症が軽快した例であった.今後は,同様な例についてさらに検討を加えたいと考えている.

著者関連情報
前の記事 次の記事
feedback
Top