エレクトロニクス実装学会誌
Online ISSN : 1884-121X
Print ISSN : 1343-9677
ISSN-L : 1343-9677
研究論文
角柱状突合せ継手の接着界面縁における特異応力場の強さの分布と試験片角部のフィレットの影響
野田 尚昭高木 怜任 飛佐野 義一高瀬 康宮﨑 達二郎鈴木 靖昭
著者情報
ジャーナル 認証あり

2019 年 22 巻 4 号 p. 284-290

詳細
抄録

著者らは,先の研究で2次元接着モデルを用いて接着強度を特異応力場の強さ(ISSF, Intensity of Singular Stress Field)一定で表せることを示した。本研究では実際の3次元形状を考慮して角部にフィレットを施した角柱状突合せ試験片の接着界面端部のISSFの分布を正確に求めた。また,コーナー部半径の大きさがISSFの最大値に及ぼす影響について議論した。ISSFの最大値の変化はρ/W≥0.0005で2%以内であることが示された。

著者関連情報
© 2019 一般社団法人エレクトロニクス実装学会
前の記事 次の記事
feedback
Top