日本公衆衛生看護学会誌
Online ISSN : 2189-7018
Print ISSN : 2187-7122
ISSN-L : 2187-7122
研究
中堅保健師が認識する「対象としての地域」とその認識に影響する経験
青木 亜砂子
著者情報
キーワード: 中堅保健師, 認識, 対象, 地域, 経験
ジャーナル オープンアクセス HTML

2020 年 9 巻 2 号 p. 101-111

詳細
抄録

目的:中堅保健師が認識する「対象としての地域」とその認識に影響する経験を明らかにする.

方法:対象者は,市町村に勤務する経験年数10~15年目の中堅保健師9名.データは,半構成的インタビューにて収集し,質的記述的に分析した.

結果:認識は【地域資源を含めて個人・家族を捉える】【生活者の視点で地域を見る】【統計データや個別支援から地域の課題が見えてくる】をはじめとする8つのカテゴリに整理された.また,その認識に影響を及ぼした経験は【保健師活動の基本を再確認した経験】【先輩の姿から目指す保健師像を描いた経験】【行政保健師の専門性を自覚した経験】など10カテゴリを抽出した.

考察:認識のカテゴリでは,地域を対象とするとらえ方の視点が整理された.また,多くの住民と関わる経験,住民の生活を実感する経験等が影響していることが考えられた.

著者関連情報
© 2020 日本公衆衛生看護学会
前の記事 次の記事
feedback
Top