自動車技術会論文集
Online ISSN : 1883-0811
Print ISSN : 0287-8321
ISSN-L : 0287-8321
技術論文
ディーゼル筒内圧センサのデポジット堆積による感度変化に対する 補償モデルの構築(第2報)
―エンジンへの適用―
杉山 宏石松永 彰生天野 典保齊藤 徹
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 49 巻 5 号 p. 900-906

詳細
抄録

ディーゼルエンジンの燃費・排ガス性能向上と燃焼ロバスト性の両立のための検出手段であるグロー一体型筒内圧センサの精度向上を目的とした.デポジット堆積状態の分析により考案した,感度低下を表現できるバネマスダンパモデルをエンジンにて適用する手法を検討した.減速燃料無噴射時を想定したモータリング状態での基準値との差異に着目し、バネ定数はセンサ出力値の差から,ダンパ定数は圧力変化速度の差から調整する手段を構築.目標以内への補正を可能とした.

著者関連情報
© 2018 公益社団法人 自動車技術会
前の記事 次の記事
feedback
Top