土木学会論文集G(環境)
Online ISSN : 2185-6648
ISSN-L : 2185-6648
地球環境研究論文集 第28巻
海面上昇に適応するためのグリーンインフラを活用した多重防護の費用分析
熊野 直子田村 誠井上 智美横木 裕宗
著者情報
ジャーナル 認証あり

2020 年 76 巻 5 号 p. I_221-I_231

詳細
抄録

 気候変動に伴う海面上昇等の浸水影響に対してグレイインフラとグリーンインフラを組み合わせた適応策が有効だと考えられる.筆者らはこれまで都市域や人口分布によってグレイインフラかグリーンインフラのいずれかの設置を仮定した場合の費用分析を行ってきた.しかし,同一の汀線でグリーンインフラとグレイインフラの多重防護が実施されている地域もある.本稿は,ベトナムとフィリピンを対象に,従来の防護シナリオを見直し,同一の汀線に堤防のみで防護する場合とマングローブ林と堤防等を組み合わせ多重防護する場合の費用を比較した.その結果,マングローブ林を海岸防護に有効活用することにより,必要な堤防の設置量が減少し,適応費用が軽減され,費用効率性が高まることが確認された.

著者関連情報
© 2020 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top