土木学会論文集B3(海洋開発)
Online ISSN : 2185-4688
海洋開発論文集 Vol.27
遡上津波による戻り流れを考慮した非固定陸上構造物周辺の局所洗掘に関する実験的研究
中村 友昭田邊 卓水谷 法美
著者情報
ジャーナル フリー

2011 年 67 巻 2 号 p. I_559-I_564

詳細
抄録

 本研究では,砂地盤上に置いた非固定の矩形構造物を対象に,遡上津波の作用に伴って構造物の周囲に生じる洗掘の特性を水理実験により考究した.また,戻り流れの影響を考慮する必要性を確認するために陸域に反射板を設置した水理実験を行い,遡上津波とその後の戻り流れにより生じる洗掘の特性を検討した.その結果,戻り流れの有無に関わらず構造物の沖側隅角部周辺が最も大きく洗掘され,その無次元最大深さは入射津波の無次元越流高と構造物の無次元根入れ深さにより評価できることを明らかにした.また,陸域からの戻り流れによって構造物の沖側隅角部だけではなく岸側隅角部周辺にも洗掘が生じることに加えて,戻り流れによる岸側からの流体力も作用することから,構造物の移動を評価する際には戻り流れを考慮した検討が不可欠であることを示した.

著者関連情報
© 2011 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top