栄養と食糧
Online ISSN : 1883-8863
ISSN-L : 0021-5376
ワラビ (蕨) の粘質物に関する研究 (第1報)
粘質物の構成糖類, アミノ酸および灰分中金属の検索
石沢 清
著者情報
ジャーナル フリー

1965 年 17 巻 5 号 p. 362-367

詳細
抄録

ワラビ粘質物を磨砕した若い葉柄の水抽出液からアルコールおよびエーテルによって分離し, ペーパークロマトグラフィーおよびその他の検出法により, その構成成分の検索同定を試みた結果次の事実を明らかにした。
(1) 粘質物の主要成分は炭水化物であって, それは比較的多量のフコース, キシロース, ガラクトースとやや少量のリボース, アラビノース, マンノースおよびグルクロン酸から溝成されている複雑な多糖類と考えられる。
(2) 粘質物の窒素含量は1.15%で, その構成アミノ酸としてアスパラギン酸, グルタミン酸, グリシン, アラニン, チロシン, プロリン, バリン, ロイシンおよび3種のニンヒドリン陽性物質が確認され, また蛋白質呈色反応ならびに金属塩との沈澱反応などから, 粘質物は一種のムコ多糖類であろうと考えられる。
(3) 粘質物は約10%の灰分を含み, その大部はカルシウムとマグネシウムであり, そのほか少量のナトリウムとカリウムを含んでいた。そしてこれらの金属は粘質物とイオン結合しているものと推測される。

著者関連情報
© 社団法人日本栄養・食糧学会
前の記事
feedback
Top