栄養と食糧
Online ISSN : 1883-8863
ISSN-L : 0021-5376
スレニオンの栄養に関する研究 (第3報)
肝臓のスレオニン分解力と尿中スレオニン排泄量との関係, 特に飼料中のリジン量による差異
山下 道子桜井 芳人
著者情報
ジャーナル フリー

1966 年 19 巻 3 号 p. 218-221

詳細
抄録

これらの結果は, シロネズミにおいて体内のスレオニン分解力は添加スレオニンによって誘導されるが, この分解力の発現にはリジンが必要であり, リジンがない場合, スレオニンを添加しても, スレオニン分解力は発現しないことを示すものと考えられる。
ヒトの場合に, 血液中の遊離リジン量は, スレオニン添加によって減少し, 遊離スレオニン量はリジン添加によって減少することを, 田村らが報告しているがこの事実も上記の考察をうらづけていると思う。

著者関連情報
© 社団法人日本栄養・食糧学会
前の記事 次の記事
feedback
Top