日本口腔腫瘍学会誌
Online ISSN : 1884-4995
Print ISSN : 0915-5988
ISSN-L : 0915-5988
セメント質骨形成線維腫3例の臨床病理学的検討
赤間 淳今村 英夫井原 功一郎角田 隆規豊田 純一朗後藤 昌昭香月 武
著者情報
ジャーナル フリー

1999 年 11 巻 1 号 p. 23-28

詳細
抄録

セメント質骨形成線維腫3例について臨床病理学的に検討した。
性別は, 3例すべて男性で, 初診時年齢は14歳, 43歳, 47歳 (平均年齢: 34.7歳) であった。3例とも下顎臼歯部に発生していた。X線所見では, すべて境界明瞭な病変で, X線透過像とX線不透過像の混在例であった。治療法は, 3例すべてに対し腫瘍摘出術を行い, 自家腸骨海綿骨移植を追加施行した。術後経過はすべて良好で, 再発例は認めていない。摘出した腫瘍は被膜を欠いており, 線維性組織中に種々の成熟度を示すセメント質様ないし骨様組織の形成が認められた。

著者関連情報
© 日本口腔腫瘍学会
前の記事 次の記事
feedback
Top