Palliative Care Research
Online ISSN : 1880-5302
ISSN-L : 1880-5302
症例報告
肺がんStage IVのがん性疼痛緩和に用いた推奨治療用量のアセトアミノフェン注射剤による急性肝不全の1例
滝本 佳予
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2022 年 17 巻 2 号 p. 71-75

詳細
抄録

【緒言】アセトアミノフェン(APAP)の過量もしくは長期投与による肝障害は知られているが,治療推奨用法・用量の範囲内でのAPAPによる急性肝不全は稀である.今回われわれは,推奨用法・用量のAPAP注射剤を用い,急性肝不全に陥ったものの回復した1例を経験したので報告する.【症例】患者は56歳の肺がんstage IV,肝機能正常な女性.摂食不振とがん性疼痛のために入院し,胸膜・肋骨転移の鎮痛のためにAPAP注射剤1回1 gを6時間ごとに使用したところ,11 g使用後にAST/ALTが3104/1212 IU/Lと上昇した.血液吸着療法,血漿交換を実施し,N-アセチルシステインの内服を開始して,速やかに肝機能は改善した.【考察】APAP注射剤は緩和ケア領域で用いられることも多いが,推奨使用量でも経口摂取が不十分な担がん症例では体内のグルタチオン枯渇により肝不全が生じる可能性があり,使用時には常に念頭におく必要がある.

著者関連情報
© 2022 日本緩和医療学会
前の記事 次の記事
feedback
Top