日本血管外科学会雑誌
Online ISSN : 1881-767X
Print ISSN : 0918-6778
原著
破裂性腹部大動脈瘤に対する緊急ステントグラフト内挿術における中枢追加処置リスク因子の検討
重盛 林太郎戸谷 直樹福島 宗一郎伊藤 栄作西江 亮祐秋葉 直志大木 隆生
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 27 巻 6 号 p. 485-489

詳細
抄録

【はじめに】今回,破裂性腹部大動脈瘤(RAAA)に対するステントグラフト内挿術(EVAR)において中枢追加処置を要した症例の解剖学的リスク因子について検討した.【方法】当院でRAAAに対して行われたEVAR 28例について,解剖学的因子と中枢追加処置の関連を解析した.【結果】 Fitzgerald(F)分類はF-1: 11例,F-2: 2例,F-3: 11例,F-4: 4例であった.中枢追加処置は9例(32.1%)に行った.中枢追加処置の有無とネック長に関して有意差を認めた(42 mm vs 14 mm; p=0.013).また中枢ネック長15 mm以下の症例で有意に中枢追加処置が多かった(p=0.001).周術期死亡は5例(17.9%)に認めたが中枢追加処置を行った群に死亡例は認めなかった.【結語】中枢ネックが短い場合は補助デバイスを準備するなど的確な手術戦略を立てることが重要と考えられた.

著者関連情報

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-sa/4.0/deed.ja
前の記事 次の記事
feedback
Top