日本きのこ学会誌
Online ISSN : 2432-7069
Print ISSN : 1348-7388
きのこ類を用いた味噌の試醸とその化学成分
本間 裕人中村 和夫川村 拓未徳田 宏晴中西 戴慶
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 21 巻 1 号 p. 23-29

詳細
抄録

きのこ類を用いて味噌の製造を行った.味噌の製造に利用可能なきのこ類の選抜を行ったところ,11株のきのこ類において顕著な耐塩性プロテアーゼの生産性が認められた.そこでそれらの菌株を用いて実際に味噌を試醸したところ,すべての菌株において28日間の熟成で柔らかいペースト状となり,きのこ味噌を製造することができた.製造したきのこ味噌の一般食品成分分析を行ったところ,いずれも市販米甘口味噌に近い値を示した.熟成度合いについて調べるため可溶性窒素量を調べたところ,市販米甘口味噌が8.32g/kgであったのに対し,トキイロヒラタケ味噌では8.46g/kgであった.ホルモール窒素について調べたところ,市販米甘口味噌が3.67g/kgであったのに対し,エノキタケ味噌で4.42g/kgであった.アミノ酸組成について調べたところ,11株中5株のきのこ味噌でグルタミン酸含有量が市販米甘口味噌より高かった.

著者関連情報
2013 日本きのこ学会
前の記事 次の記事
feedback
Top