オレオサイエンス
Online ISSN : 2187-3461
Print ISSN : 1345-8949
ISSN-L : 1345-8949
特集総合論文
最近の化粧品用途紫外線吸収剤
藤岡 賢大
著者情報
ジャーナル フリー

2007 年 7 巻 9 号 p. 357-362

詳細
抄録

安全性と効果を求めて, さまざまな化粧品用紫外線吸収剤が開発されている。国内では, 薬事法の管理のもとで厳しくその使用が管理されているが, 光化学の進歩と化粧品メーカーの要求の向上により, 現在は安全性の高い紫外線吸収剤が主流となっている。一方2005年に許可された新しいジメチコジエチルベンザルマロネートは, シリコンを骨格とした紫外線吸収剤で, 安全性に最も優れ, 光安定性にも優れる。化粧品に使用する油剤との相溶性も良く, 次世代の紫外線吸収剤として有望視されている。

著者関連情報
© 2007 公益社団法人 日本油化学会
前の記事 次の記事
feedback
Top