静脈学
Online ISSN : 2186-5523
Print ISSN : 0915-7395
ISSN-L : 0915-7395
症例報告
出血性ショックを呈した下肢静脈瘤の1例
北條 竜司佐賀 俊文浦田 雅弘
著者情報
ジャーナル フリー

2020 年 31 巻 3 号 p. 119-122

詳細
抄録

下肢静脈瘤は下腿のだるさ,浮腫,掻痒感,色素沈着,皮膚潰瘍などさまざまな症状を起こしうる一方,静脈抜去術や高位結紮術に加えて血管内焼灼術などの外科的治療が根治治療として行われている.しかし,良性疾患であるため,診断されていながらも適切な治療が行われず放置されている症例も少なくない.今回我々は他院にて下肢静脈瘤を指摘されながらも放置され,出血性ショックを呈し救急搬送された症例を経験したので,若干の文献的考察を加え,報告する.

著者関連情報

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/4.0/deed.ja
前の記事 次の記事
feedback
Top