作業療法の実践と科学
Online ISSN : 2433-8451
Print ISSN : 2434-5806
ALS患者への公的制度を利用した意思伝達装置導入
ブログ投稿が再開に至った事例
河野 純輝熊谷 博輝川上 和敏
著者情報
キーワード: ALS, 意思伝達装置, 公的制度
ジャーナル オープンアクセス

2019 年 1 巻 4 号 p. 68-73

詳細
抄録

今回, 筋萎縮性側索硬化症患者A氏に対して, 公的制度を利用した意思伝達装置の導入, ブログ投稿等の継続を目標に介入した. 介入初期, A氏はブログ投稿を余暇活動としていたが, 人工呼吸器装着後, 全身の倦怠感から, ブログ投稿を断念され, 悲観的な発言が聞かれるようになった. 作業療法では, 多職種との連携を取りながら, 公的制度を利用した意思伝達装置を導入し, ブログ投稿の再開に向けて, 作業環境の調整や価値を置く作業の再共有を行った. その結果, ブログ投稿が2年ぶりに再開され, 悲観的な発言が減少した. 本事例での, 公的制度の利用による意思伝達装置導入において重要であった事, ブログ投稿が再開された要因について報告する.

著者関連情報
© 2019 公益社団法人北海道作業療法士会
前の記事 次の記事
feedback
Top