理学療法科学
Online ISSN : 2434-2807
Print ISSN : 1341-1667
原著
認知機能に対する抑制課題が脳内神経活動へ及ぼす影響
─stop signal抑制課題を用いて─
植田 智裕引野 伽乃松浦 治希兒玉 隆之
著者情報
キーワード: 抑制機能, 脳神経活動, ERP
ジャーナル フリー

2019 年 34 巻 3 号 p. 313-318

詳細
抄録

〔目的〕健常者における抑制課題実行時の脳神経活動を,脳内情報処理過程が反映される脳波解析により時間的,空間的な側面から脳神経活動部位および神経機能的連関性の両者について検討した.〔対象と方法〕対象は健常男子学生20名とした.方法は視覚性3刺激オドボール課題を用いて,脳波ERP成分をLORETAにて解析した.〔結果〕抑制課題実行時は左楔前部,左眼窩前頭皮質に有意に高い神経活動を認めた.さらに,左前頭極,左運動前野および左下頭頂小葉の三領域に抑制課題実行時に有意に強い神経機能的連関性を認めた.〔結語〕抑制課題実行時は,認知機能を反映する脳波ERP成分を認め,また本機能には,左楔前部や左眼窩前頭皮質の脳神経活動が関連し,さらに前頭葉のみならず頭頂葉との協応による判断や予測的な活動を基盤として実行されることが示唆された.

著者関連情報
© 2019 by the Society of Physical Therapy Science

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/4.0/deed.ja
前の記事 次の記事
feedback
Top