バイオメカニズム学会誌
Print ISSN : 0285-0885
解説
神経回路と声道モデルを用いた音素獲得シミュレーション
尾形 哲也
著者情報
ジャーナル フリー

2009 年 33 巻 4 号 p. 257-263

詳細
抄録

神経回路モデルと声道モデルを利用した幼児の音声模倣・音素獲得過程のモデル化と検証を行った.計算機内の声道モデルが発する音響信号を学習し,人間音声の模倣を行う.この際,神経回路モデルにより,連続音響信号の分節化(音素抽出)を試みた.その結果,3母音以上の音声データに対して音素を抽出できる可能性を示唆する結果を得た.

著者関連情報
© 2009 バイオメカニズム学会
前の記事 次の記事
feedback
Top