バイオメカニズム学会誌
Print ISSN : 0285-0885
研究
異なる投球速度に対する野球の打撃動作に関する 下肢および体幹部のキネティクス的研究
高木 斗希夫藤井 範久小池 関也阿江 通良
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 34 巻 3 号 p. 216-224

詳細
抄録

本研究では,野球における速度の異なるボールに対する打撃動作に影響を及ぼす力学的要因を明らかにすることを目的とした.速度の異なるボール(75-80km/h,100-105km/h,125-130km/h)を被験者に打撃させ,3 次元自動動作分析システムを用いて動作を計測するとともに,2 台のフォースプラットフォームを用いて両足下の地面反力を計測した.下肢及び体幹部に作用する関節力および関節トルク,さらに股関節トルクを下胴の長軸周りの軸へ投影した成分(下胴回転成分)などを算出した.その結果,ボール速度の大きい条件では,投手方向への身体の移動に関与する力積が小さく,この要因として踏出足接地から身体重心速度が最大値に到達する時点までの動作時間の短さが大きく影響を及ぼしていた.また,ボール速度の大きい条件では,軸足側では股関節外転トルクの下胴回転成分,踏出足側では股関節屈曲トルクの下胴回転成分が大きく作用していた.

著者関連情報
© 2010 バイオメカニズム学会
前の記事 次の記事
feedback
Top