大気環境学会誌
Online ISSN : 2185-4335
Print ISSN : 1341-4178
ISSN-L : 1341-4178
研究論文(原著論文)
中国東北部のバイオマス燃焼由来のPM2.5越境汚染に関する大気質モデル解析―2019年3月北海道におけるPM2.5高濃度汚染事例―
浦西 克維池盛 文数嶋寺 光近藤 明菅田 誠治
著者情報
ジャーナル フリー

2020 年 55 巻 2 号 p. 34-49

詳細
抄録

2019年3月上旬に北海道地方で発生したPM2.5高濃度汚染の要因を解明するため、同時期に中国東北部で大規模発生したバイオマス燃焼 (BB) に注目し、大気質モデルCMAQを用いた感度解析を実施した。BB排出インベントリにはGFASを用いた。2019年2月下旬の中国東北部の平均気温は平年値より約10℃高く、早期に雪解けが発生し農地等でのBBが起こりやすい条件が整っており、大規模なホットスポットが衛星で観測された。また、GFASも例年の10倍以上の規模のBB排出量を推計していた。中国東北部および周辺で発生したBBが中国国内のPM2.5濃度および日本(北海道地方、東北地方)のPM2.5濃度に与えた影響を解析するため、標準ケースに加え、BB排出量を増加させた複数のケースについても計算を実施した。標準ケースでは、2019年2月下旬–3月上旬の中国東北部、日本のPM2.5濃度を過小評価したが、中国東北部の農地由来のBB排出量を増加させたケースではこの期間の過小評価が改善した。2019年2月下旬–3月上旬の日本のPM2.5濃度は中国東北部内のBBの影響を強く受けていること、GFASは中国東北部の農地由来を主とするBB排出量の推計値を過小評価している可能性が高いことが明らかとなった。今後、中国東北部で同規模のBBの発生が常態化すると、日本へのPM2.5高濃度汚染が継続的に発生するおそれがある。

著者関連情報
© 2020 大気環境学会
前の記事 次の記事
feedback
Top