詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "住宅地"
23,634件中 1-20の結果を表示しています
  • その1 住民の騒音意識
    野口 正孝
    人間工学
    1984年 20 巻 Supplement 号 102-103
    発行日: 1984/07/15
    公開日: 2010/03/11
    ジャーナル フリー
  • ー土地利用と人口構成に着目してー
    安倉 良二
    人文地理学会大会 研究発表要旨
    2018年 2018 巻 102
    発行日: 2018年
    公開日: 2020/06/13
    会議録・要旨集 オープンアクセス
  • -集合住宅地との比較を通じて-
    慎 鮮花, 澤木 昌典, 柴田 祐
    日本建築学会計画系論文集
    2013年 78 巻 692 号 2093-2100
    発行日: 2013/10/30
    公開日: 2014/07/10
    ジャーナル フリー
    This study aims to clarify the availability and usefulness of rebuilding multi-family houses in Daegu City, Korea through analysis of the elderly dweller's moving process and consciousness. As a result, 1)guaranty of the living space and facility for the elderly dweller's daily life, 2) satisfactory of the community space for elderly dweller's activities in daily life, 3)potential for a rental housing to live apart from their child in aged society, were deduced.
  • -持続可能な郊外住宅地居住のための“地域居住様式”の構築に関する研究 その4ー
    田中 みさ子, 中村 久美
    一般社団法人日本家政学会研究発表要旨集
    2014年 66 巻 3B-9
    発行日: 2014年
    公開日: 2014/07/10
    会議録・要旨集 フリー
    目的 郊外住宅地において、持続的で質の高い生活を目指すうえでの住み方を問う研究の続報「その3」に引き続いて “地域居住様式”のなかでまちづくり活動に関連する「地域役割意識」に焦点をあて、他都市の郊外住宅地の調査結果との比較によりまちづくり意識の形成の違いを明らかにする。方法 宇治市の郊外住宅地を対象に質問紙調査(平成24年5月~7月)と、宝塚市・京都市で実施した郊外住宅地居住者(地区計画策定地域を含む)に対する質問紙調査(平成25年6月~7月:分析対象サンプルn=488)における「地域役割意識」に関する結果を比較し、まちづくり意識との関連性について明らかにした。結果 地区計画が策定されている地区や既成市街地などの地区特性に着目し、宇治市での意識調査における設問を用いて宝塚市の郊外住宅地(地区計画の有無から2グループ)と既成市街地が古くから形成されている京都市(旧市街地と新市街地の2グループ)で質問紙調査を行なった。「地域役割意識」から見ると、3つの市の全体での傾向は類似しているが、地区計画策定地区では「どろぼうや空き巣などへの防犯」「今ある植栽や緑の維持、整備」「良好な町並みの維持」「地域の緑化」で他のグループと比較して住民が担うべきとする意識が高い傾向があり、その一方で「高齢世帯への食事サービスや生活支援」「乳幼児や学童保育後の小学生の一時預かり」の意識が低い。また、京都市旧市街地では「子育て世帯の育児相談」「痴漢やひったくりなどの路上犯罪への防犯」など生活に密着した項目での意識の高さが見られ、住宅地特性による違いがあることがあきらかになった。
  • 静岡県の「豊かな暮らし空間創生住宅地」認定制度を通じて
    齊藤 広子
    都市計画論文集
    2019年 54 巻 3 号 833-839
    発行日: 2019/10/25
    公開日: 2019/11/06
    ジャーナル オープンアクセス

    本研究は、景観やコミュニティ形成の向上を目指した戸建て住宅地の供給を促進するために、静岡県の「豊かな暮らし空間創生住宅地」認定制度をとりあげて、制度の意義および課題、制度に基づいて作られた住宅地の居住者の評価を明らかにし、供給促進のための行政対応のあり方を検討するものである。当制度により、今までにこうした住宅地の供給の経験がない地元の事業者でも取り組みが可能となっている。また、居住者は認定制度の要件にそってつくられた住宅地の景観、コモンスペースでの人々の交流、管理組合等を評価している。今後、こうした住宅地のより供給を促進するには、行政各部署内の連携や、販売や管理システムの基準の設定等が今後必要である。

  • 日本エネルギー学会誌
    2009年 88 巻 8 号 App80-
    発行日: 2009/08/20
    公開日: 2017/07/12
    ジャーナル フリー
  • シンポジウム
    江川 隣之介
    照明学会雑誌
    1971年 55 巻 Appendix 号 118-119
    発行日: 1971/03/20
    公開日: 2011/07/19
    ジャーナル フリー
  • −北海道室蘭市を事例として−
    西尾 洸毅, 真境名 達哉
    日本建築学会技術報告集
    2019年 25 巻 61 号 1203-1207
    発行日: 2019/10/20
    公開日: 2019/10/20
    ジャーナル フリー

    This study’s aim is to catch the trend of residential area in a case study in Muroran city and to grasp the idea of the plan for compact cities, especially from views point of “new residential area”. Results of studies reveal the follows.
    1) Muroran city has a lot of new residential areas than other cities.
    2) New residential area has high rations of built-up in midtown.
    3) High intention to live in midtown is revealed from viewspoints of residents relocation in Muroran city.

  • 久保 貞, 上甫木 昭春, 杉本 正美, 安部 大就, 中瀬 勲
    造園雑誌
    1982年 46 巻 5 号 123-128
    発行日: 1982/03/31
    公開日: 2011/07/19
    ジャーナル フリー
    本研究は, 低層集合住宅地の居住者の住環境に対する認識構造と, その認識構造に係わる住宅地属性を明確にすることを目的とした。調査は6住宅地で行い, その結果, 居住者の住環境に対する認識構造の特性が明確にされた。さらに, 居住者の住環境に対する認識構造に係わる住宅地属性としては, 敷地面積, 戸数密度, 建蔽率, 地形タイプ等の住宅地計画における基本的要因が抽出された。
  • 豊中市を例として
    稲川 克二
    地図
    1983年 21 巻 1 号 26-33
    発行日: 1983/03/31
    公開日: 2011/07/19
    ジャーナル フリー
  • -地方都市郊外における新興住宅地と既存集落を対象として-
    伊丹 絵美子, 横田 隆司, 伊丹 康二, 佐野 こずえ, 飯田 匡
    日本建築学会計画系論文集
    2013年 78 巻 688 号 1339-1346
    発行日: 2013/06/30
    公開日: 2013/08/30
    ジャーナル フリー
    This paper aims at clarifying the relation between social capital and the residents' attitude related to amenity of living environment. Questionnaire surveys to the residents were used on new-developed residential areas and existing villages in local city suburb. The following results were obtained:
    1) Residents in the new-developed residential areas are less social with people, less participating in social activities, and having lower evaluation for amenity of their living environment than the resident in the existing villages.
    2) In the new-developed areas, the major factor of the attitude related to amenity of the living environment is the satisfaction with convenience. In the existing villages, the major factor is the social capital.
  • 西山 康雄
    都市計画論文集
    1989年 24 巻 625-630
    発行日: 1989/10/25
    公開日: 2020/08/01
    ジャーナル オープンアクセス

    The purpose of this paper is to analyze the spatial composition of building by-law housing in the outskirts of big cities of the late 19th century England, especially from the view point of comparative studies of the economically evolving countries. The conclusions are as follow: 1) By-law housing area showed the typical urban housing style of England. 2) It initiated the concept of regulating the urban space. 3) It was one of the typical residential styles in several coutries in the economicaly evolving era.

  • 大平 晃久
    日本地理学会発表要旨集
    2015年 2015a 巻 P808
    発行日: 2015年
    公開日: 2015/10/05
    会議録・要旨集 フリー
    住宅営団は,1941年3月に「労務者其ノ他庶民ノ住宅供給ヲ図ル」(住宅営団法第一条)ために設立された特殊法人である.資本金は1億円でその全額が政府出資による公益性の強い企業体であり,1941年度から5か年で30万戸の供給を計画していた.  住宅営団が供給した住宅地について塩崎らは,戦後の都市化の中で良好な住宅ストックとなり,定住人口増加に寄与するとともに,公共施設や公園整備を促したことなどを評価している(塩崎・中山・矢田2000).また,戦前・戦中期の営団住宅地は軍需工場の近隣に多く,営団住宅地の研究は,総力戦体制下の中での地域像を解明するものになろう.さらに,都市形成の歴史地理的な解明としても営団住宅地の研究は意義を持つものと考えられる.   住宅営団による住宅地建設・経営の具体的な状況を全国的に把握できる資料として,1943年11月末時点での「一般会計住宅経営状況調書」(以下、「調書」)がある.ただし,営団はこれ以降の戦中も住宅地を建設し,戦後には戦災復興住宅地を数多く建設した.これらを含めた全国的動向は不明である.  営団住宅地の既往研究としては,特定の住宅地を扱うもののほか,大阪支所管内といった地域を対象に住宅地の位置や規模を復原・比定するものがある.九州の営団住宅地については,松尾らの研究がある(松尾・塩崎・堀田2003).ただし,住宅地19か所の位置を明らかにしたのみで,長崎県内では「調書」記載の5か所中,3か所にとどまる.加えて,営団住宅地は『新長崎市史』・『佐世保市史』などの地元自治体史でもほとんど取り上げられない.資料に乏しいことがこうした研究の遅れの原因といえるだろう.  本研究では,1941年~1947年の長崎県内で刊行された新聞を可能な限り閲覧し,住宅営団関連記事の収集を行った.合わせて,空中写真や住宅地図,土地台帳を用い,現地調査を踏まえて,長崎県内における戦前・戦中期の営団住宅地9か所(表1中の①~⑨,従来知られていなかったもの5か所),営団戦災復興住宅地4か所(⑪~⑭,同3か所)を明らかにした. 住宅地の位置,規模,残存状況は表1の通りである.住宅営団が供給した住宅地は,決して優れてはいないが特徴的な市街地として今日の景観に残るとともに,戦後につながるインフラ整備として明瞭なインパクトをもたらしたといえるだろう.
  • 岡山市の311地区の統計分析に基づいて
    和氣 悠, 氏原 岳人, 阿部 宏史
    都市計画論文集
    2017年 52 巻 3 号 1029-1035
    発行日: 2017/10/25
    公開日: 2017/10/25
    ジャーナル オープンアクセス
    本研究では、岡山市311地区の建物データに基づき、住宅地の整備方法と盛衰状況との関連性を統計的に検証し、住宅地の高齢化と撤退パターンのモデル化を試みた。分析の結果、住宅地の整備手法ごとに衰退パターンには特徴的な傾向があり、そのプロセスも全く異なることがわかった。つまり、「住宅地をどのようにつくるか?」によって、約40年後の衰退状況が全く異なる。例えば、スプロール度の高い住宅地は、早期に空き家率が高まり、住宅地完成後、約40年経過した時点でも無秩序な撤退とともに無秩序な開発が同時進行していたが、土地区画整理事業が実施された住宅地では、約40年経過しても(開発圧力は低下するが)土地利用の循環利用が進んでいた。
  • 須藤 裕子, 小笠原 勝, 西尾 孝佳, 一前 宣正
    雑草研究
    2004年 49 巻 Supplement 号 16-17
    発行日: 2004/04/16
    公開日: 2009/12/17
    ジャーナル フリー
  • 大阪電気軌道を事例として
    松田 敦志
    人文地理
    2003年 55 巻 5 号 492-508
    発行日: 2003/10/28
    公開日: 2009/04/28
    ジャーナル フリー
    In the suburban residential areas developed before World War II, some problems, such as the division of a housing lot, the rebuilding of a residence and the progress of aging, have been arising recently. Development of residential suburbs before the war is thought to be a part of urban development and to have produced the present life style, that is, the separation of home and workplace so that it has an important historical meaning from the viewpoint of the formation of city and urban life style.
    We cannot ignore the private railway company, especially in Kansai region, when we consider the developments of residential suburbs. Therefore, in this paper, I study the private railway company that has influenced developments of residential suburbs. And I clarify its management strategy and the specific characteristics of the residential suburbs developed by the private railway company, Osaka Denki Kido Railway Company.
    It was necessary for the private railway company to increase transportation demand by carrying out various activities, in order to secure stable income, because it had only one or a few short and local railway lines. But, since Osaka Denki Kido Railway Company had many sightseeing spots along its line, it first aimed for the stability of management not by developing any areas along its line, but by promoting its sightseeing areas and expanding its routes. However, it began to set about the developments along its lines gradually after the end of Taisho Period. It developed the residential areas along its lines, utilizing the advantage as a railway company, for example, preparation of a new station and offering a commuter pass as a gift to people who moved to residential areas along its lines. Some characteristic scenes such as little streams and roadside trees, some urban utilities and facilities such as electrical and gas equipment, some playing-around spaces such as parks or tennis courts, which the middle class who were aiming for a better life wanted, were prepared in these residential areas. It tried to obtain constant commuting demands by urging them to move to these suburbs.
    For example, it connected its route to Yamamoto and built a station there consciously. And then, it developed the residential areas around Yamamoto Station in collaboration with the Sumitomo Company. Osaka Denki Kido Railway and Sumitomo produced the image of residential suburb as an education zone by inviting schools there, and tried to maintain the good habitation environment by imposing housing construction regulation on residents. In this way, many of the middle class families moved into the residential area at Yamamoto before the war. Moreover, Osaka Denki Kido Railway encouraged residential developments around that area, and consequently the suburbs were expanded.
    After all, Osaka Denki Kido Railway produced some residential suburbs along its line for the middle class before the war, although that time was a little later compared with Hankyu Railway. The reason was that its management strategy was to secure stable demands of transport. As suburban life grew up gradually there, that increased the number of suburban residents, and the residential suburbs were developed around them further. In other words, Osaka Denki Kido Railway has been responsible for the expansion of the suburbs.
  • 田園都市の空間構成について
    村木 美貴
    都市住宅学
    1993年 1993 巻 3 号 97-100
    発行日: 1993/09/30
    公開日: 2012/08/01
    ジャーナル フリー
    This paper is a comparative study of spatial organization of garden cities which were affected by the Garden City Movement at the end of the 19th century in Japan and England; they are Letchworth, Hampstead Garden Suburb and Denen-chofu. The methodology of this study is based on the Space Syntax theory. From the analysis, the spatial organizations are different from each other. The spatial centre of housing in England is public space which includes shopping streets and gardens for residents, on the other hand, the centre of the housing is a station in Japan. Therefore, we could say the transportation system is quite important in Japanese housing estate. The shape of Denenchofu is similar to Howard's diagram in “Garden City of To-morrow”, but space organization is totally different from English housing estates. Hampstead Garden Suburb which is located in London is not a garden city but a garden suburb. However, the spatial structure is influenced by the Howard's theory, and the central space is a public garden for residents. As a consequence, the spatial structure of English two housing estates have the same characteristics, but not in planning Japanese housing.
  • 橋本 晋輔, 中道 久美子, 谷口 守, 松中 亮治
    都市計画論文集
    2007年 42.3 巻 721-726
    発行日: 2007/10/25
    公開日: 2017/02/01
    ジャーナル オープンアクセス
    近年、コンパクトシティがますます注目されており、わが国では様々な行政主体で推進されている。しかし、特に地方圏の都市において都市は拡散し続けているのが現状である。このような状況の中で、都市コンパクト化を進めるには、まずどのような住宅地で人口の増減が進行しているのかという現在の状況を把握することが必要である。そこで本研究では、地方圏の都市を対象とし、住宅地レベルでの都市拡散の具体的な実態を明らかにすることを目的としている。そのために、住宅地タイプに着目して人口密度の変化や公共交通の整備状況などの住宅地の特性、人口構成変化について分析を行った。分析の結果、地方圏の都市では基盤整備や公共交通の整備など計画性の高低に関係なく低密な住宅地が広がっているということを定量的に明らかにすることができた。
  • 加藤 仁美
    都市計画論文集
    2002年 37 巻 110_2-III
    発行日: 2002年
    公開日: 2002/10/29
    会議録・要旨集 フリー
    本研究は、戦前の東京における計画的郊外住宅地において、民間開発主体による開発水準がどのように現在まで継承されているかについて、住宅地の更新特性と地域社会や地域ルールとの関連性を分析し、これらの地域特性に応じた住宅地の将来像と住環境保全の方策について検討したものである。対象住宅地は、田園調布、常盤台、成城学園、玉川学園、国立、桜新町の6地区とした。
  • 玉井 航太
    日本心理学会大会発表論文集
    2014年 78 巻 1EV-2-047
    発行日: 2014/09/10
    公開日: 2021/03/30
    会議録・要旨集 フリー
feedback
Top