詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する: 検索条件を変更
クエリ検索: "咽頭"
74,809件中 1-20の結果を表示しています
  • 猪 初男
    口腔・
    咽頭

    1989年 1 巻 preface1
    発行日: 1989/04/30
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
  • 村木 崇, 赤松 泰次, 横澤 秀一, 三澤 倫子, 伊東 一博, 井上 勝朗, 金子 靖典, 菅 智明, 津金 永二, 太田 浩良, 清澤 研道
    日本消化器内視鏡学会雑誌
    2005年 47 巻 10 号 2397-2404
    発行日: 2005/10/20
    公開日: 2011/05/09
    ジャーナル フリー
     下
    咽頭
    に基部も持ち食道内に下垂していた巨大脂肪腫瘍2例を経験した.いずれも診断的治療目的で内視鏡的切除術を施行し,症例1は脂肪肉腫,症例2は脂肪腫と組織学的に診断された.両者の術前検査を比較すると内視鏡所見,食道造影では両者に差を認めなかったが,CT, MRI,特に超音波内視鏡所見で,腫瘍内部所見が症例1は不均一であるのに対し,症例2は均一であった.稀な巨大下
    咽頭
    脂肪11瘍の2例を経験したので報告する.
  • 松岡 出
    バイオメカニズム学会誌
    1983年 7 巻 3 号 20-25
    発行日: 1983/08/01
    公開日: 2016/10/31
    ジャーナル フリー
  • 戸田 信正, 伊藤 克昭, 小林 世美
    日本消化器内視鏡学会雑誌
    1988年 30 巻 6 号 1169-1172_1
    発行日: 1988/06/20
    公開日: 2011/05/09
    ジャーナル フリー
    上部消化管内視鏡検査時の下
    咽頭
    ・喉頭部病変発見の実態をretrospectiveに検討した.過去5年間に直視型パンエンドスコープを用いた17,388件の検査で41件(0.24%)の下
    咽頭
    ,喉頭部病変が発見された.良性病変は28件(0.16%),悪性病変は13件(0.07%)であった.悪性病変の内訳は,下
    咽頭
    癌が7例と最も多かった.更に,喉頭,下
    咽頭
    癌8例中5例(63%)に異時性あるいは同時性の重複癌が認められた.悪性病変例の10例はすべて有症状者であったが,上部消化管X線検査で異常が指摘されたのは5例にすぎなかった.以上のことから,上部消化管内視鏡検査時の下
    咽頭
    ・喉頭部の観察の重要性を強調した.
  • 赤石 千香, 佐野 俊和, 阿部 寛子, 菅井 有
    日本消化器内視鏡学会雑誌
    2021年 63 巻 12 号 2453-2459
    発行日: 2021年
    公開日: 2021/12/20
    ジャーナル 認証あり HTML

    症例は83歳,男性.嚥下時違和感を主訴に受診した.内視鏡検査にて下

    咽頭
    右梨状陥凹に表面平滑で黄色調の粘膜下腫瘍を認めた.CT検査では右梨状窩付近に境界明瞭な低吸収腫瘤を認め,MRI検査ではT1及びT2強調画像で高信号,脂肪抑制T1強調画像で低信号を呈し,著明な拡散異常や内部造影効果は認めなかった.以上の検査結果より脂肪腫の診断で,耳鼻咽喉科の協力の下,彎曲型喉頭鏡にて喉頭展開を行い,内視鏡的粘膜下層剝離術(ESD)で一括切除した.摘出標本は45×13×15mmであり,病理組織学的に脂肪腫と診断した.術後経過は良好で,術後数日で嚥下時違和感は消失した.

  • 飯島 伸, 松尾 伸一, 角田 耕一, 間山 寿代, 三浦 廣行, 星 秀樹, 杉山 芳樹
    日本口蓋裂学会雑誌
    2010年 35 巻 3 号 250-253
    発行日: 2010/10/25
    公開日: 2012/03/07
    ジャーナル 認証あり
    近年,口唇裂・口蓋裂に対する治療はチームアプローチが基本となっているため,患者個人の治療計画は一貫性がある。しかし,複数施設で手術を受けた患者では必ずしも治療計画に一貫性があるとは限らず,治療に苦慮することがある。今回,われわれは
    咽頭
    弁形成手術が終了している患者の顎変形症手術を行った。患者は16歳女性で,6歳時に粘膜下口蓋裂の診断のもと他施設にて口蓋形成術,
    咽頭
    弁形成術を受けた。その後,当院の矯正歯科にて治療を開始し,16歳時に上顎裂成長のため,Le-Fort I骨切り術を施行することになった。手術に際し経鼻挿管困難であるが,気管切開は患者が希望しなかった。そこでわれわれは,2005年8月,気管切開を避けるために,開口状態のシーネを用い経口挿管を行い,Le-Fort I型骨切り術を行った。術後も咬合は安定し,術後4年現在後戻りの傾向もなく良好な結果を得ている。
  • 三並 美香, 一瀬 和美, 山村 幸江, 吉原 俊雄
    口腔・
    咽頭

    2008年 21 巻 1 号 134
    発行日: 2008/08/10
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
  • 黒川 正人, 一色 信彦, 平良 達三, 野瀬 謙介, 松本 晶子, 三田村 啓子, 川野 通夫
    日本口蓋裂学会雑誌
    1995年 20 巻 1 号 1-8
    発行日: 1995/01/31
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    京都大学医学部形成外科にて折り畳み
    咽頭
    弁形成術を行って,少なくとも1年を経過した23症例と他施設で他の方法による
    咽頭
    弁形成術を受けた6例の造影頭部X線規格写真または頭部規格computed radio-graphyを安静時および「シ」発声時で撮影し比較検討し,次の結果を得た.
    1.
    咽頭弁の長さは折り畳み咽頭
    弁と他法で有意差は認められなかった.
    2.安静時の
    咽頭弁の厚さは折り畳み咽頭
    弁が他法に比較して有意に厚かった(棄却限界1%)・両者ともに咽髄弁の厚さは「シ」発声時に厚くなっていた.
    3.
    咽頭弁基部の中点の高さは折り畳み咽頭
    弁と他法で有意差は認められなかった.安静時の
    咽頭
    弁鼻腔側の高さは,折り畳み
    咽頭
    弁が有意に高い位置にあり(棄却限界5%),鼻咽腔閉鎖部位とほぼ一致した・両者ともに
    咽頭
    弁鼻腔側の高さは「シ」発声時に高くなっていた・
    4.
    咽頭弁の側面の断面積は折り畳み咽頭
    弁が有意に広かった(棄却限界5%).
    5.軟口蓋の傾斜角は両者に有意差は認められなかった.両者ともに「シ」発声時に傾斜角は増加していた.
    以上の結果より折り畳み
    咽頭
    弁については長さは短くなく,厚みがあり鼻咽腔閉鎖には有利で,かつ,
    咽頭
    弁の位置もほぼ鼻咽腔閉鎖部位に一致していることが証明できた.
  • 星加 和徳, 武田 昌治, 佐藤 一樹, 村上 三枝, 木原 彊
    日本消化器内視鏡学会雑誌
    1991年 33 巻 11 号 2407-2412_1
    発行日: 1991/11/20
    公開日: 2011/05/09
    ジャーナル フリー
     症例は食道狭窄で拡張術治療中の74歳女性で,拡張術の10日後より軽い
    咽頭
    痛,その後嚥下障害が出現した.内視鏡検査で下
    咽頭
    に潰瘍形成があり,造影検査での大きさは2cm大であった.生検で悪性所見なく酵母を認め,培養でCandidaalbicansが検出された.フルコナゾール1日100mg投与で嚥下障害は消失し,投与後50日目の内視鏡検査で病変は著明に縮小した.本邦
    咽頭
    Candida症の最近50年間の報告は,自験例を含め39例であった.
  • 舘村 卓, 原 久永, 和田 健, 高 英保, 森本 知花, 平田 創一郎
    日本口蓋裂学会雑誌
    1997年 22 巻 3 号 100-107
    発行日: 1997/07/31
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    折畳
    咽頭
    弁形成術は,
    咽頭後壁より挙上した上茎咽頭
    弁を,創面を内側にして前後的に折りたたむことによって
    咽頭
    弁創面を被覆し,経時的な萎縮を防止する手法である.この術式は,折り畳んだ
    咽頭
    弁の尾根の粘膜と軟口蓋鼻腔側での対応する部位の粘膜を切除し,両者を結合することで鼻咽腔閉鎖不全部分を補填している.本報告症例は,鼻咽腔閉鎖不全症のために10歳時に折畳
    咽頭
    弁形成術を受けたものの,経年的な
    咽頭
    弁の萎縮に伴い,軟口蓋と
    咽頭
    弁との間の非結合部において呼気の鼻膣漏出が生じたこと,また
    咽頭
    弁基部が鼻咽腔閉鎖平面と一激していなかったことにより,鼻咽腔閉鎖不全症を再発した症例である.本症例に対して,折畳
    咽頭
    弁を軟口蓋より切離した上で,折り畳み面を前後的に展開し,鼻咽腔閉鎖平面に一致するように,新たな
    咽頭
    弁基部を設定した後,Unified Velopharyngoplasty (UVP)法を施行することによって鼻咽膣閉鎖不全症を良好に改善できた.本症例における
    咽頭
    弁再形成術を通じて,初回
    咽頭
    弁形成術施行時には,十分に鼻咽腔閉鎖平面の検討と経時的に
    咽頭
    弁の萎縮を防止するように術式を配慮する必要があると考えられ,またUVP法は
    咽頭
    弁再形成術として利用できることが示された.
  • 園田 隆紹
    日本口蓋裂学会雑誌
    2001年 26 巻 1 号 68-87
    発行日: 2001/04/30
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    本研究は
    咽頭
    弁手術によって口蓋裂患者の鼻咽腔閉鎖機能および発語にいかなる変化が生じるかを明らかにしたものである.対象は鼻咽腔閉鎖不全を呈し二次的に
    咽頭
    弁手術を行った口蓋裂術後患者5名および口蓋形成一次手術に
    咽頭
    弁を併用した年長の粘膜下口蓋裂患者1名の計6名(
    咽頭
    弁群)である.正常人7名(正常対照群),鼻咽腔閉鎖機能良好な口蓋形成術後患者7名(口蓋裂対照群)を対照とした.
    発音時・blowing・嚥下時の口蓋帆挙筋筋電図,鼻咽腔閉鎖圧,口腔内呼気圧の測定を全3群に行い,鼻腔気流量測定を
    咽頭
    弁群に,発語明瞭度検査は
    咽頭
    弁群,口蓋裂対照群に行った.
    咽頭
    弁群の測定を術前,術後3ヵ月,6ヵ月,1年に行なった.
    結果は以下のとおりである.
    1.
    咽頭
    弁群の術前では破裂音発音時およびblowing時の口蓋帆挙筋筋電図,鼻咽腔閉鎖圧,口腔内呼気圧は対照2群に比べ低値であったが,術後は上昇し対照2群に近い値となった.鼻呼気流量は術後著明に減少した.
    2.術前の鼻音発音時における口蓋帆挙筋筋電図および鼻咽腔閉鎖圧は全動作中最低値を示し,嚥下時における値は最高値を示し,ともに口蓋裂対照群の値と近似していた.術後も変化は認めなかった.
    3.口蓋帆挙筋筋電図と口腔内呼気圧は,術前には相関関係はなかったが,術後は両者間に有意の相関関係を認めた.
    4.以上の結果,
    咽頭
    弁手術後は鼻咽腔閉鎖運動が増強され,口蓋裂対照群と同様の閉鎖運動を営んでいることが確認された.
    5.発語明瞭度は術後,著明に改善された.特に破裂音が著しかったが,術後1年では口蓋裂対照群と比べ低い値にとどまった.
  • 斎藤 瑛
    日本耳鼻咽喉科学会会報
    1971年 74 巻 1 号 28-46
    発行日: 1971/01/20
    公開日: 2010/10/22
    ジャーナル フリー
    著者は, 以前から正常者及び難聴者について不快レベルの測定を行って来ているが, 通常のオージオメータでは不足することが多い. その為, リオン製オージオメータA-1002DにブースタAE25を接続して出力を増強して検査を行っている. なお, 測定は純音で行っているが, 125Hz, 8000Hz, はブースタを使用してもスケール・アウトすることが多いので, 250Hz, 500Hz, 1000Hz, 2000Hz, 4000Hzを中心にその成績を分析してみた.
    従来, 諸家が指摘しているように不快レベルの個人差によるバラツキは, かなり大きいものであるが, 両耳間の差に着目すれば, 充分に臨床的に利用し得るものである.
    得られた結論は以下の如くである.
    (1) 正常者の不快レベルは個人差によるバラツキはかなり大きいが, その左右耳間の差は15dB以内である.
    (2) 感音性難聴では, 例えば, メニエル氏病では比較的低値で, 老人性難聴では高値で不快レベルが現れ, 低音性感音性難聴では, 不快レベルが広い範囲にバラツクというように, 難聴の種類により幾分, 不快レベルの現れ方に差がみられる.
    しかし, 一般的に云つて, 気導閾値の差が15dB以下であれば不快レベルの左右差が15dBを上まわることはない.
    それ以上の気導閾値の差があれば,
    気導閾値の左右差: 不快レベルの左右差
    65, 65dB: 20dB以下
    70, 75dB: 25dB以下
    80, 85, 90dB: 30dB以下
    95, 100dB: 35dB以下の関係があると推定される.
    (3) この成績をもとに, 聴神経腫瘍や膿幹部腫瘍による (いずれも第一次ニューロン障害) 後迷路性難聴例を検討すると1周波数を1例として90%の周波数が, この基準を上まわる値を示していた.
    なお, この場合, 聴力損失が軽度でも不快レベルの上昇が見られるので, 不快レベルの測定は聴神経や脳幹部腫瘍による難聴の早期診断にも役立つ.
    (4) 不快レベルの測定値と, バランステストの関係を平衡図の上で見てみると, 殆んどが一致した値を示していた.
    (5) 伝音性難聴では, 不快レベルの両耳間の差は気導閾値のそれの2分の1である.
    (6) 語音明瞭度と不快レベルの間には, ある程度関係があるが, バラツキが大きいので語音明瞭度は, 不快レベルのみで規定されるとは云えない.
    (7) 聴力障害を伴わないhyperacusisの症例の診断に不快レベルの測定が役立つことがある.
  • 永井 鑑, 河野 辰幸
    日本消化器内視鏡学会雑誌
    2005年 47 巻 4 号 1012-1019
    発行日: 2005/04/20
    公開日: 2011/05/09
    ジャーナル フリー
     消化管の入口である中・下
    咽頭
    の内視鏡観察と同部の表在性の癌に対する内視鏡治療について紹介する. 中
    咽頭から下咽頭さらに咽頭
    食道接合部にいたる局所解剖,特に喉頭の存在による複雑な立体構造を熟知し,高解像度の電子内視鏡を用いて系統的に観察して小さな表在性の癌を発見する.
    咽頭
    癌の高危険群を選別して観察するのが効率的である.発赤,白色調の粘膜肥厚,粘膜の微細な凹凸,白苔の付着,血管透見像の消失や異常が表在癌を疑う所見である.ヨード染色に頼れないので,充分な
    咽頭
    麻酔あるいは鎮静下に,通常観察と少数の生検で拾い上げ診断を行う.病変の広がりと多発病変の存在に注意する.拡大観察やnarrowband imagingも有用である. 中・下
    咽頭
    癌に対する標準的治療は切除手術と放射線治療である.内視鏡治療は未だ試験的治療であり,精密診断を兼ねて行われる.内視鏡治療の適応となるのは癌浸潤が筋層に及ばず最大径4cmまでの癌で,リンパ節転移のないものである. 治療は全身麻酔下に行う.ヨード染色で病変の広がりを明らかにした後,EMRC法による粘膜切除術あるいはアルゴンプラズマ凝固術を行う.EMRCでは一括切除にこだわらず,小範囲多分割切除を行うのが安全・容易である.治療中と治療後は誤嚥性肺炎と喉頭浮腫を予防するとともに,
    咽頭
    痛対策を行う. 本法は臓器が温存されるため治療後のQOLは良好に保たれる.しかし,再発・再燃に充分注意し,根治性に疑問があれば速やかに根治的手術や放射線治療などを追加することが大切である.
  • 日本内分泌学会雑誌
    2014年 90 巻 Suppl.HPT 号 49-58
    発行日: 2014/09/20
    公開日: 2014/10/07
    ジャーナル フリー
  • 冨岡 昌, 宇佐神 正海, 坂本 綾子
    医療
    1983年 37 巻 12 号 1208-1211
    発行日: 1983/12/20
    公開日: 2011/10/19
    ジャーナル フリー
    咽頭
    頸部食道癌19症例について臨床的検討を行い, 以下の結論を得た.
    1)下
    咽頭
    頸部食道癌は40才以上の男性で喫煙者に多い.
    2)転移性のリンパ節を触知する症例には下
    咽頭
    , 食道の検査が必要である.
    3)嚥下障害を訴える症例には間接喉頭鏡で異常を認めなくても必ずレ線検査が必要である.
    4)間接喉頭鏡下に喉頭に何らかの異常を認める症例には, レ線検査, 食道直達鏡などさらに詳しい検査が必要である.
  • 松矢 篤三
    日本口蓋裂学会雑誌
    1993年 18 巻 2 号 147-150
    発行日: 1993/04/30
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
  • 川久保 博文, 大森 泰, 中村 理恵子, 竹内 裕也, 北川 雄光
    日本消化器内視鏡学会雑誌
    2014年 56 巻 1 号 64-70
    発行日: 2014年
    公開日: 2014/02/22
    ジャーナル フリー
    近年,咽喉頭領域の表在癌が多く発見され,表在咽喉頭癌の診断,治療は非常に注目されている.われわれは表在咽喉頭癌に対する治療として,彎曲型喉頭鏡にて喉頭展開し,経口的に鉗子や電気メスを挿入して,内視鏡補助下に上皮下層剥離を施行するELPS(endoscopic laryngo-pharyngeal surgery)を開発し,施行してきた.咽喉頭癌に対する内視鏡治療の最大の利点は,臓器温存が可能なこと,術後のQOLが高いことであることから,この領域は他の臓器と比較しても内視鏡治療のメリットが大きいと考えられる.ELPSは表在咽喉頭癌に対する内視鏡治療として,安全かつ確実に施行することができる.
  • 高田 和外, 松本 修一, 平松 哲夫, 小島 英嗣, 田中 博之
    肺癌
    2010年 50 巻 1 号 33-36
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/03/29
    ジャーナル オープンアクセス
    背景.肺癌からの転移性上
    咽頭
    腫瘍はこれまでに本邦で2例のみ報告されている.肺癌の上
    咽頭
    転移は極めて稀である.症例.肺大細胞癌の81歳女性に鼻閉が出現した.MRIにて上
    咽頭
    に腫瘍性病変を認めた.鼻
    咽頭ファイバーで上咽頭
    全体を占める白苔に覆われた腫瘍の生検を行った.細胞学的特徴や免疫染色パターンの一致から肺癌からの転移と診断された.放射線治療で腫瘍は縮小し鼻症状は著明に改善した.結論.肺癌診断22ヶ月後に極めて稀な上
    咽頭
    転移を合併した1例を経験した.全身状態が良好であれば局所管理とともに全身化学療法の併用が望ましいと思われた.
  • 阿部 厚, 前多 雅仁, 倉田 周幸, 黒岩 裕一朗, 清水 幹雄, 栗田 賢一
    日本口蓋裂学会雑誌
    2005年 30 巻 3 号 270-274
    発行日: 2005/10/30
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    今回我々は,
    咽頭
    弁形成術術後に,迷走神経反射と考えられる徐脈を認めた一例を経験したので報告する.
    患者は5歳の女児.発音の不明瞭を主訴に某病院耳鼻科を受診.発音の評価および口腔内精査を勧められ,当科を受診した.初診時,体格中等度栄養状態良好で全身状態に特記すべき所見は認められなかった.全身麻酔下にて
    咽頭
    弁形成術を施行したが,手術に際し前投薬は施行せず,麻酔導入維持には笑気-酸素-セボフルランを用いた.術中の循環動態は安定しており,心電図異常も認められなかつた.術後3日目より徐脈を呈したが,心電図波形には問題が認められなかった.その後も徐脈は継続したが,術後7日目に床副子を除去したところ,改善傾向を認めた.
    今回,床副子および術後の浮腫による軟口蓋刺激による迷走神経反射や自律神経異常が考えられた.
  • 浅井 昌大
    医療
    2006年 60 巻 4 号 242-247
    発行日: 2006/04/20
    公開日: 2011/10/07
    ジャーナル フリー
    舌根がん・喉頭がん・下
    咽頭
    がんはその発生部位が音声の源である喉頭ないしは隣接部位にあるため, 広範切除により局所制御を図ると喉頭を切除せざるをえなかったり, 直接喉頭にがんが及ばずとも嚥下機能が障害されて喉頭を保存することが不可能となるなど喉頭機能に障害をきたすことが多い. 広範切除を主体とした外科療法を見直し機能を重視して局所制御率を低下させずに術後の機能障害を最小にする努力を行い, 切除の方法を工夫して侵襲を最小限にするとともに, 再建方法を考案しさらに嚥下改善手術も併用して術後の嚥下機能をできるだけ温存することで多くの症例で喉頭の保存を可能とした. 原発巣のみならず頸部郭清術も保存的に行い, 術後の訓練も系統的に行うことで喉頭の温存率を良好に保ちつつ局所制御率も維持されている. 手技も再現性が高く安定した術式を確立した.
feedback
Top