詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "増税"
1,707件中 1-20の結果を表示しています
  • 滝沢 昌平, 嶋崎 善章
    行動経済学
    2014年 7 巻 96-99
    発行日: 2014年
    公開日: 2015/06/02
    ジャーナル フリー
    たばこは価格上昇のタイミングや幅によって需要量が大きく変化する可能性がある嗜好品で,過去の喫煙行動から需要予測をすることが困難であり,安易な増税はたばこの消費本数を大幅に減少させ,貴重な財源の1つであるたばこ税収を大幅に減少させる恐れがある.そこで本研究は仮想的なたばこ価格での喫煙者の消費行動についてアンケート調査を行い,たばこ増税が行われた場合の喫煙者の消費行動とたばこ税収の増減を推定した.推定にあたり,分析対象を年齢階級別に分けることで年齢層ごとに異なる喫煙行動を考慮した.また,過去の統計データのみを用いた推定も行い,税収の推移を比較した.推定の結果,過去の統計データによる推定ではたばこ価格を1,000円に引き上げても増収が見込めた.一方,アンケート結果を用いた推定では,現状からの小幅な価格上昇でも税収は大きく減少するが,一定の価格上昇幅を超えると税収はあまり変化しないことが明らかになった.
  • 福井 公四郎, 藤井 聡
    人間環境学研究
    2014年 12 巻 1 号 57-64
    発行日: 2014年
    公開日: 2014/07/23
    ジャーナル フリー
    The theme of this study is a tax increase and government bonds for the recovery from the East Japan great earthquake disaster. We investigated experimentally decision making between a tax increase and government bonds. We set three experimental conditions that were different in types of information we provided, and divided 300 participants in each condition randomly. We asked participants which they preferred between tax increase and governmental bonds as a financial resource for recovery from the earthquake. As the result, we find that objective instruction about tax and governmental bonds has stronger positive effect on preference on governmental bonds than that on tax. We also find that such effects of the instruction on the preferences are stronger for those who have a custom to read newspapers and books.
  • Phocenah Nyatanga, Toshinobu Matsuda
    農林業問題研究
    2010年 46 巻 1 号 126-130
    発行日: 2010年
    公開日: 2012/02/24
    ジャーナル フリー
    本稿の目的は,月別・都市別に集計された擬似パネルデータを用い,わが国のたばこ消費の推定を行うことである.わが国のたばこ価格は,たばこ税増税にともなう価格改訂以外に変動がないため,通常の需要関数による分析は適切でない.そこで,複雑な消費支出の変動を把握するために,ワーキング・モデルを対数支出の2次関数に拡張したエンゲル曲線を推定した.さらに時系列方向のダイナミックな変動をとらえるために誤差修正モデルとして定式化し,また地域差をとらえるために固定効果モデルとして推定した.分析の結果,たばこの需要は消費支出の変動に対して極めて非弾力的で,負のトレンドが観察された.また,たばこ税増税直前の駆け込み需要による消費増加効果に対して,増税直後の消費減少効果は比較的小さかった.さらに,いくつかの都市間には顕著な地域差が存在することが明らかになった.
  • 北村 鋭
    日本釀造協會雜誌
    1924年 19 巻 10 号 67-68
    発行日: 1924年
    公開日: 2011/11/04
    ジャーナル フリー
  • 久米 功一, 鶴 光太郎, 佐野 晋平, 安井 健悟
    行動経済学
    2018年 11 巻 54-74
    発行日: 2018/11/29
    公開日: 2018/11/29
    ジャーナル フリー

    本稿では,経済産業研究所が実施したアンケート調査の結果を用いて,増税の是非と社会保障の縮小・拡大という選択に対して,信頼や公共心などの個人の意識がどのような影響を与えるかを分析した.特に,増税せずに社会保障の拡大を求める人々の特徴をみると,税負担と社会保障増減の整合性を取るような財政中立的選択を支持する人々に比べ,政府・他人への信頼や公共心が低い一方,政府への依存が強く,市場経済に懐疑的であった.また,教育水準,時間当たりの所得,相対所得が低かった.これらの結果は,将来に向けて財政・社会保障の持続可能性を確保していく上で,政府・他人に対する信頼や公共心を醸成していくことが重要であることを示唆している.

  • 櫻井 鐵太郎
    釀造協會雜誌
    1909年 4 巻 11 号 7-9
    発行日: 1909/11/10
    公開日: 2011/12/12
    ジャーナル フリー
  • 木村 正信
    MACRO REVIEW
    2014年 26 巻 1 号 11-25
    発行日: 2014年
    公開日: 2014/05/09
    ジャーナル フリー
    政府支出が効用に影響を与える、独占的競争による一般均衡マクロ経済モデルを用いて、ケインズ経済学的な財政政策の乗数効果と経済厚生への影響を再検討する。財政政策の乗数は完全競争よりも大きくなり、財政政策が経済厚生へ与える影響は、財政政策の種類や、政府支出が家計の効用に影響を与えるか否かに依存することを示す。
  • 池上 和夫
    社会経済史学
    1989年 55 巻 2 号 189-212,256
    発行日: 1989/08/31
    公開日: 2017/07/08
    ジャーナル オープンアクセス
    This article is concerned with the position of sake in the government's tax revenues in comparison with that of the land tax. We want to know why the revenue from the sake tax accounted for over 30%, and what problems it created. Indeed, one of the urgent tasks the Meiji government had to accomplish at an early stage was to built its financial fundamentals. When the government got into financial trouble, the authorities concerned relied mainly upon a revenue from the increased sake tax, not from the land tax, which was found difficult to increase. Great emphasis was placed on securing a revenue from sake, and this was paticularly marked marked under MATSUKATA's financial policy. This is why the sake conference was held in 1882. After the Sino-Japanese War, the importance of the sake tax in the government budget increased more than before, which prompted various debates. In this paper, a confrontation between advocates for ad valorem and for specific duties, as well as the question of if all the tax increases were actually passed on to the consumers, are given special attention. With such tax increases, adopted were measures to make home brewing illgal and to raise the minimum grewing limits. By the intensified efforts of the Tax Administrative Organization concerning these measures, the control over home brewing and illegal manufacture of sake became effective. After the Russo-Japanese War, the government set up a special tax commission at which a new tax system was discussed in the purpose of adjusting the system to various difficulties created by the wartime budget. In so doing, at the commission, various issues concerning the sake tax were taken up. This paper gives an account for the arguments put forward within the commision, and points out that there was a change in the tax structure due to an increase in taxation after the war. Since indirect taxes, of which the sake tax was the most important, increased gradually, revenues from them became greater than those from direct taxes. While the proportion of direct and indirect taxes was 51.6% and 48.4% respectively in 1905, it stood at 42.3% and 57.7% in 1912. Sake was the single largest consumption tax, accounting for 53.4% of the revenues from indirect taxes, or 28.3% of the total national tax revenues in 1909. The sake tax thus exemplifies a tendency to heavy taxation during the Meiji period.
  • 菅原 琢磨
    医療と社会
    2017年 27 巻 1 号 1-2
    発行日: 2017/05/25
    公開日: 2017/06/13
    ジャーナル フリー
  • 松隈 秀雄
    日本釀造協會雜誌
    1941年 36 巻 5 号 320-321
    発行日: 1941/05/15
    公開日: 2011/11/04
    ジャーナル フリー
  • 上林 敬次郎
    釀造協會雜誌
    1908年 3 巻 3 号 1-8
    発行日: 1908/03/10
    公開日: 2011/12/12
    ジャーナル フリー
  • 尾沢 潤一
    バイオフィリア リハビリテーション学会研究大会予稿集
    2014年 2012 巻
    発行日: 2014年
    公開日: 2014/02/01
    会議録・要旨集 フリー
    日本の社会制度は軍人恩給や低所得者等への支援制度を手始めに、その後、医療保険、公務員年金、企業年金、国民年金等が拡充されてきたものの、近年高齢層の増加と若年層の低下、年金基金の運用利回りの低下などコストパーフォーマンスの悪化が著しい。このため、毎年1兆円の負担増という構造要因があり、多額の基金と現行の保険料収入での運営では、先行きに不安が見られる。これに対し、社会保障と税の一体改革ではコスト増のための増税や年金受給権利の緩和など制度維持、ポピュリズム的改革が進められている。しかしながら、中長期で見た場合の日本の社会構造は、過去の高度成長、人口増加の時代に立ち戻るとは考えにくい。筆者は、国の安定性や国民の安心感の付与のためには、社会保障制度の簡潔でわかりやすい設計が必要であり、複雑で膨大な社会保険制度のための維持装置の見直しもこの際必要ではないかと考えている。そのため、本稿では、制度の抜本的な改革も含めた見直しのための提言を試みる。
  • 柴崎 力栄
    史学雑誌
    1981年 90 巻 6 号 984-1000,1069-
    発行日: 1981/06/20
    公開日: 2017/10/05
    ジャーナル フリー
    The period from the end of the Russo-Japanese War in 1905 to the general resignation in 1913 of the third cabinet set up by Katsura Taro (桂太郎) has been characterized as the "Kei-En System" (桂園体制) in the sense that it was the time in which alternating cabinets were organized by Katsura and Saionji Kinmochi. (西園寺公望). Katsura enjoyed the backing of the Yamagata Aritomo faction (山県閥), mainly. composed of military men and members of the House of Peers. Saionji occupied the leadership of the Seiyukai (政友会) which was the majority party in the House of Commons. This period has also been known as the time in which men of new generation, namely Katsura and Saionji, came to head cabinets as the result of an impasse in a system of ministerial change which had continued from 1885 when the Genro (元老) first began to alternate as prime ministers. Up until now, in explaining the smooth transitions between the Katsura and the Saionji cabinets, the rather superficial image offered in the dairy of Hara Takashi (原敬日記) has often been referred to -that is to say, after the Russo-Japanese War, the participation of the Genro in state government became indirect and passive, and it created a political power vacuum. In this essay, by investigating the political process during the latter part of the first Saionji cabinet (1907-8), the author attempts. a revision of the accepted account of the position and role of the Genro in the political sphere after the Russo-Japanese War. The first section makes clear, through an examination of the process, of drawing up the 1908 budget, that both the tax increase of that year and the postponements in the agenda surrounding the military budget were agreed upon as a result of the initiative of the Genro. The second section examines the process from January to July, 1908, of accomplishing a smooth transition to the second Katsura cabinet, and clearly shows that the transition was decided upon as the result of a consensus of opinion reached by the Genro. In addition, during this process, the positive efforts of two Genro, former Seiyukai party's chairman, Ito Hirobumi (伊藤博文), and his colleague, Inoue Kaoru (井上馨), were particularly noteworthy in showing that the influence of the Genro, rather than waning during this time, was an important factor in bringing about a smooth changeover of cabinets. Finally, the author concludes that while, during the period following the Russo-Japanese War, the Genro handed over cabinet responsibilities to a younger breed of politicians, they by no means ceased to participate in decisions with respect to the important and fundamental problems of state government.
  • 小池 治
    年報行政研究
    2004年 2004 巻 39 号 198-201
    発行日: 2004/05/15
    公開日: 2012/09/24
    ジャーナル フリー
  • 高山 憲之, 白石 浩介
    年金研究
    2016年 5 巻 1-25
    発行日: 2016/12/26
    公開日: 2017/04/06
    ジャーナル オープンアクセス

    1)本稿では、まず第1に、所得税における配偶者控除を夫婦控除に切りかえる場合の税負担増減効果を、『国民生活基礎調査』(2013 年実施)のマイクロデータを利用して推計した。その際、全体として増減税同額(税収中立)になるように配慮した。想定したのは2012年の所得税制である。次いで、2017年度税制改正大綱における配偶者控除の見直しについても同様の推計を試みた。

    2)いわゆる103万円の壁は税制上、存在しない。

    3)配偶者に年間65 万円超141万円未満の給与収入がある場合、現行税制は配偶者の給与収入に対して、いわゆる「二重の控除」を認めている。この「二重の控除」は事実上、妻のパート就業に税制上の恩典を与えるものである。

    4)配偶者控除だけでなく基礎控除も併せて考えると、現行税制は専業主婦(収入を伴う仕事をしていない家事専業の妻)世帯を一切、優遇していない。世帯合計の控除額は妻が正規(より厳密にいうと年間給与収入141万円以上)の共働き世帯と変わりがないからである。「配偶者控除は専業主婦世帯を優遇するシンボルだ」というのは誤解だ。

    5)配偶者控除(配偶者特別控除を含む。以下、同様)を廃止すると、全体として38%(2000万世帯)の世帯で税負担が増える(負担増は平均で年間3 万6000円)。特に、妻が非正規または専業主婦の場合、その約4分の3の世帯(1600万世帯)が税負担増となる。

    6)現行の配偶者控除(38 万円)を所得控除方式の夫婦控除(38 万円。夫の年収800万円までの所得制限つき)に切りかえても、負担増減のない世帯が全体の76%に及ぶ一方、負担増組は9%(480 万世帯)、負担減組15%(800万世帯)となる。負担増組は多数派とはならない。ちなみに、世帯年収400万円以上800万円未満の中間所得層については、負担減組の方が負担増組より多い。ただし、負担減は高所得層ほど多額となる。

    7)他方、年額2 万7500円の夫婦税額控除に移行すると、全体の32%(1700万世帯)が負担減、16%(850万世帯)が負担減となる一方、残りの52%は負担が変わらない。ここでも負担減となる世帯の方が負担増世帯より多く、中間所得層においても減税組が増税組を世帯数で圧倒している。負担減は大半の共働き世帯に及ぶとともに、専業主婦世帯でも負担減組の方が負担増組より多い。特に世帯年収300万円以上500万円未満の中低所得層に位置する専業主婦世帯では負担減となるケースがほぼ70%となっている。

    8)夫婦税額控除への移行により、有配偶世帯に関するかぎり、配偶者(その大半は女性)の働き方に中立な税制が実現する。

    9)2017年度税制改正大綱はパート主婦が享受している税制上の特権を中間所得層に限って拡大・強化する性格を有し、それは、働き方に中立な税制の実現という改革理念に背馳している。

  • 高山 憲之, 白石 浩介
    年金研究
    2017年 6 巻 1-37
    発行日: 2017/05/08
    公開日: 2017/06/09
    ジャーナル フリー

    1) 本稿では、個人住民税において配偶者控除を見直す場合の増減税効果、および所得税と個人住民税の双方において配偶者控除を同時に見直す場合の増減税効果、の2つを推計した。本稿は所得税のみの見直しを考察した高山・白石(2016)の続編である。

    2) 利用したデータは『国民生活基礎調査』(2013年実施)であり、2012年分の所得データを使用した。個人住民税は2013年の制度を前提とした。ただし、その均等割部分は等閑視した。制度見直しに当たって、全体として増減税同額(税収中立)になるように配慮した。

    3) 高山・白石(2016)では、専業主婦を「収入を伴う仕事をしていない家事専業の妻」と定義していた。本稿では、その定義を最狭義に変更し、夫が被用者であり、かつ「収入を伴う仕事をしていない家事専業の妻」に限定した。ただし、参考計数として高山・白石(2016)と同じ定義をした専業主婦の場合についても推計結果を掲載している。

    4) 個人住民税を単独で見直す場合の主要な推計結果は次のとおりである。

     ① 配偶者控除(配偶者特別控除を含む。以下、同様)を廃止すると、年間6600億円の税収増となる。全体として61%の世帯で税負担の増減はない。税負担が増えるのは39%の世帯であり、妻が専業主婦の世帯ないし非正規で就業している共働き世帯がその中核を占めている。税負担増は平均で年間3万2000円であり、世帯年収が高くなっても、この金額はほとんど変わらない。

     ② 33万円の配偶者控除を廃止し、同額の夫婦控除(所得控除方式:世帯年収600万円までの所得制限つき)を導入すると、全体として15%の世帯が負担増、12%の世帯が負担減となる。負担増が負担減を世帯数で上回っており、所得税の見直し結果とは逆である。負担増が相対的に多いのは、世帯年収600万円以上の専業主婦世帯、および妻が非正規で就業している世帯年収700万円以上の世帯である一方、妻が正規で就業している共働き世帯では負担減組が多数派となる。

     ③ 配偶者控除を廃止し、3万3000円の夫婦税額控除(世帯年収600万円までの所得制限つき)に移行しても、その効果は上記②で述べた所得控除方式の夫婦控除を導入したときと、全く変わらない。個人住民税が10%の比例税だからである。

     ④ 個人住民税が累進税率を採用していれば、夫婦税額控除への移行で負担減組の方を負担増組よりも多くすることができる。

     ⑤ 2017年度税制改正法は所得税と同様、パート主婦特権を中間所得層に限って拡大・強化する性格を有している。

    5) 所得税と個人住民税を同時に見直す場合の主要な推計結果は以下のとおりである。

     ① 所得控除方式の夫婦控除(所得税38万円、個人住民税33万円)に世帯年収制限(所得税800万円、個人住民税600万円)つきで移行する場合、税負担減となる世帯は15%、税負担増世帯14%となり、前者の方が後者より若干ながら多い。さらに、世帯年収400万円以上700万円未満の中間所得層では減税組が増税組を世帯数で圧倒する一方、年収700万円以上では逆に増税組の方が多くなる。また専業主婦世帯では増税組が減税組よりも多い一方、妻が正規または非正規で就業している世帯では総じて減税組の方が増税組よりも多い。

     ② 夫婦税額控除(所得税3万8000円、個人住民税3万3000円)に世帯年収制限(所得税670万円、個人住民税600万円)つきで移行する場合においても、減税組(30%)が増税組(12%)を世帯数で圧倒する。この点は妻の働き方が違っても、質的に変わりがない。また、世帯年収100万円以上700万円未満の中低所得層では減税組の方が増税組より多い。所得税のみを見直す場合と同様に、所得税・個人住民税の双方を同時に見直す場合においても、「負担増=多数派」説「中間所得層=負担増」説は、いずれも事実に反していることが確認された。

  • 宍戸 駿太郎
    学術の動向
    1997年 2 巻 5 号 14-19
    発行日: 1997/05/01
    公開日: 2009/12/21
    ジャーナル フリー
  • 木村 正信
    MACRO REVIEW
    2016年 28 巻 1 号 25-38
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/07/13
    ジャーナル フリー
    この論文は不完全競争と財政政策が生産と経済厚生に与える効果との関係を再検討する。そのため、2つのケインズ的特徴(名目賃金の硬直性と非弾力的労働供給)を示す独占的競争モデルを展開する。そして、生産物市場の競争が完全競争になるにつれて、均衡予算乗数と政府支出乗数が1に接近することを示す。
  • 中央獸醫會雑誌
    1912年 25 巻 11 号 439-442
    発行日: 1912/11/28
    公開日: 2008/10/24
    ジャーナル フリー
  • 小山 長四郎
    日本釀造協會雜誌
    1934年 29 巻 9 号 24-29
    発行日: 1934年
    公開日: 2011/11/04
    ジャーナル フリー
feedback
Top