詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "Mauritia flexuosa"
10件中 1-10の結果を表示しています
  • 北村 亮, 戸田 浩人, 山田 祐彰, ベリングラート 木村 園子 ドロテア, 及川 洋征, 永井 沙知, 堤 剛太, 崔 東壽
    日本森林学会大会発表データベース
    2015年 126 巻 P1B033
    発行日: 2015年
    公開日: 2015/07/23
    会議録・要旨集 フリー
     ブラジル・パラー州のアマゾン川河下流低湿地では、地域住民の経済的基盤作物(果実)を生産する天然生アサイー(Euterpe oleracea)以外の樹種を除伐することにより、植生の単一化が急速に進んでいる。一方、水位変動や地形などの立地条件がアサイーの生育に与える影響についての知見は少なく、アサイー生産の量や質の持続性が危ぶまれている。本研究では、浸水時の冠水高が異なるアサイー生産地に調査区画(20m×20m)を設置し、混生樹種の同定と樹高測定を行い、同時に塩ビ管を設置し、地上・地下水位を測定し、Barcarena市Vila do Conde港の潮汐表と照合した。
     10月~11月にかけては、大潮時の潮位上昇に伴い地上水位(冠水高)が上昇し、11月~12月にかけては、潮位低下に伴い地上水位が低下した。冠水の深い調査区画に比べ、浅いか中位の区画では、ミリチーヤシ(Mauritia flexuosa)(株元の髭根にリターが堆積し、作物の生育に適した肥沃で水はけの良いマウントを形成する)や木本数が多く、アサイーの生育も良好であった。生態系保全を考慮しアサイーを持続的に生産するためには、冠水が浅いか中位の立地が適していることが示唆された。
  • 北川 陽一郎, 松山 周平, 太田 健一, 岡部 芳彦, 勝山 智憲, 岸本 泰典, 佐藤 修一, 柴田 泰征, 中川 智之, 西岡 裕平, 林 大輔, 古田 卓, 山内 隆之, 吉岡 歩, 舘野 隆之輔
    森林立地
    2017年 59 巻 1 号 1-11
    発行日: 2017/06/25
    公開日: 2017/08/24
    ジャーナル フリー

    エゾシカの時空間的な行動特性はエゾシカの管理において重要な情報であり,自然植生の多い地域で調べられているが,牧草地など人間が利用する土地の多い地域での知見は多くない。本研究は,エゾシカの日周活動および空間分布の季節変化を明らかにすることを目的として,2010年から2014年に北海道東部の牧草地と隣接する森林においてカメラトラップ,ライトセンサス,目撃調査を行った。エゾシカの日周活動は日没・日の出の時間帯にピークが認められ,日中の活動性は春季に比べて秋季が低かった。日中の空間分布は,春季と夏季では牧草地に接する林縁で密度が高く,夏季よりも春季で特に高かった。これは,夏季にはエゾシカの利用場所が分散していることを示しているのかもしれない。日没後の空間分布は,春季と秋季に牧草地に接する林縁で密度が高かった。また,エゾシカは自動車の通行などの人間活動を避けるために,交通量の少ない道路が通る牧草地に接する研究林東側の林縁を選択的に利用していると推測された。

  • 北村 亮, 戸田 浩人, 山田 祐彰, ベリングラート木村 園子ドロテア, 及川 洋征, 永井 沙知, 草処 基, 堤 剛太
    森林立地
    2016年 58 巻 2 号 41-50
    発行日: 2016/12/25
    公開日: 2017/04/03
    ジャーナル フリー

    潮汐による水位が変動するアマゾン川河下流低湿地では,地域住民の経済的基盤作物(果実)を生産する天然生アサイー(Euterpe oleracea)以外の樹種を除伐することにより,植生の単一化が急速に進んでいる。しかしながら,水位変動や地形などの立地条件とアサイーの単一化がその生育に与える影響についての知見は少ない。本研究では,アサイーの生育に及ぼす立地の高低差に伴う水位変動と他樹種との混交状況の影響の評価を目的とした。調査は,カソン島で6カ所,ムルチザウ島で5カ所,ジュルアテウア島・ジューバ島で2カ所ずつ毎木調査を実施した。地形の高低差を水位変動による冠水時間との関係に置き換えるために,カソン島の調査区で地形調査を実施し, 年間を通して地上・地下水位を測定した。アサイーの生育が良好な立地は,地盤高が5 m程度で,平均冠水時間が110―120時間/月と短く,連続非冠水日数が6日/月と長めのため,表層土壌が還元状態になかった。また, ムトゥチー(Pterocarpus sp.),ミリチー(Mauritia flexuosa),ウクウーバ(Virola surinamensis)などとの混交率が高かった。調査地の多くで,生態系保全を考慮したアサイー生産のため,連続非冠水日数が月6日未満の立地を避け,他樹種と平均20%以上混交させ,アサイー密度を1,000本/ha程度に管理されていた。

  • Judith CARNEY, Mario HIRAOKA, 肥田 登
    地学雑誌
    1998年 107 巻 1 号 49-60
    発行日: 1998/02/25
    公開日: 2009/11/12
    ジャーナル フリー
    本論では, アマゾン河の河口部における小農が生計の維持に役立てているジュパチヤシjupati (Raphia taedigera) の意義に関する生物地理的, 社会・経済的研究について述べる。特に, 最近関心のもたれている研究, すなわちアマゾン河流域における森林伐採に取ってかわる方法としての土着の農的林業システム, とりわけ市場向きの生産物を生み出すことと持続可能な土地利用システムを備えているヤシの役割に注目する。これまでの研究においては, アサイヤシaçaí (Euterpe oleracea) の実の市場における経済的有用性に着目した事例は見出せはするものの, 同じ湿潤域に存在するヤシでありながら, ジュパチヤシに着目した研究は皆無に等しい。ジュパチヤシは, 土地の人々に対して数々の有用な恩恵を施しているが, 換金作物としての市場性には欠ける。このような特徴を備えたジュパチヤシは, アマゾン河の河口部ににおいて最も広範囲に見出される。葉柄部の外皮は, 小エビを採る道具・筒の材料に好んで使われている。小エビの販売は, 河口部の河畔に住む現地人・リベリーニョの絶好の現金収入となる。本研究では, アマゾン河下流域におけるジュパチヤシについての植物地理的側面からの概観, ジュパチヤシの繁茂にとっての水文条件, リベリーニョが生計の維持に採り入れているジュパチヤシ利用に関する彼ら固有の知恵についてふれる。
  • 土谷 彰男, Mario HIRAOKA, Carlos Rosario da SILVA
    Tropics
    2002年 11 巻 2 号 69-79
    発行日: 2002年
    公開日: 2009/01/06
    ジャーナル フリー
    アマゾン川河口のウルブエウア島における林令 30 年程度のパルゼア林(浸水林)とテラフィルメ林 (陸上乾燥林)を対象に、樹木個体数、種数、地上部現存量、人為、雨期(高水位期) ・乾期(低水位期)における樹幹横断面の導管形状値から両者を比較した。個体数・種数ともにテラフィルメ林が多かった(個体数: 85/400m 2,種数: 22/400m 2) が、パルゼア林では商品作物であるアサイヤシ(ElIterpeoleracea Mart.)の保護育成のための人為の大小によって方形区間で個体数にばらつきが見られた(個体数: 62 ± 19.51) 。林分の樹高階分布にも下層木の伐採の影響が見られた。方形区当たりの地上部現存量の推定値は平均値では両者はほぼ同じ値を示した(パルゼア: 12.43t,テラフィルメ: 11.56t)が、パルゼア林の区間差は大きく (SD: ± 6.02t)、人為が小さければ成長速度が速いことが 示唆された。岡林分の成長季節は、乾期と雨期の導管面積率・導管数・直径・周囲長の比較から、テラフィルメの樹木は雨期依存性であるが、林床を水に覆われるパルゼアの樹木は低水位の乾期に主に成長していることがわかった。
  • Mario HIRAOKA, Noboru HIDA
    Geographical review of Japan, Series B
    1998年 71 巻 1 号 45-58
    発行日: 1998/06/30
    公開日: 2008/12/25
    ジャーナル フリー
    Land use patterns in Amazonia are undergoing major changes as a result of both internal and external factors. The region is experiencing rapid demographic growth. Concurrently, social, economic, and political events beyond the region are restructuring local patterns. Instead of an expected intensification in land uses, the trend is toward an extensive form of land management. The present study focuses on the processes and patterns of agricultural disintensification by examining on the past and current farming practices in the estuarine floodplain near Belem, Para state, Brazil. Prior to the mid-1970s, sugar cane, cultivated on the tidal lowlands under the short fallow-swidden system, served as the main cash-earning product. Following the swift demise of sugar cane farming as a result of several factors, e. g., improvements in transportation and communications, agricultural subsidies, modernization of labor legislation, and rapid urban growth, the fruit of the acai (Euterpe oleracea) palm became the dominant crop. The palm, cultivated in agroforests or managed in the fallows, is far less demanding on labor, while economically more rewarding than sugar cane. Cared as a permanent crop, land use is less intensive and ecologically more sound than sugar cane cultivation. This example from Amazonia contributes to the ongoing discussions on land use dynamics, and it also serves to indicate that there are no unilinear directions in land use changes.
  • Masahiro Ichikawa, Arbert Ricse, Julio Ugarte, Shigeo Kobayashi
    Tropics
    2014年 23 巻 2 号 73-82
    発行日: 2014/09/01
    公開日: 2014/09/01
    ジャーナル フリー
    One of main factors identified as explaining forest loss and degradation in the Selva (the Peruvian Amazon) is the migration of people from the Sierra (Andes highlands), where agricultural conditions are severe, to forest areas in the Selva in search of new land. This paper aims at clarifying the characteristics and process of migration based on interviews with local people near Pucallpa, Ucayali Department, where forest loss and degradation has advanced in recent decades. In the study area, forest loss and degradation progressed by commercial logging after construction of a road connecting between Lima and Pucallpa in 1943. After logging, stock-farming companies and immigrants entered the area, and land uses other than high forest have been expanding. Today, the study area is occupied by people who have immigrated since the 1960s. Many of them earned income by logging until the 1980s, while today almost of them make a livelihood by agriculture, stock farming, or tree planting. As a result of these economic activities, there are substantial areas of mixed shrubs and grass in the study area today. This paper clarifies two points. First, the majority of immigrants were born not in the Sierra, but in the Selva, for instance as part of the expanding population in the Departments of San Martin and Amazonas. The main stream of migration is from parts of the Selva where immigrants had started reclamation in earlier days to other parts of the Selva with still abundant forests (such as the study area). Second, most migrants were not born in a rural area, but in Pucallpa, a developing urban area in the Selva. Pucallpa is also an important place for step migrants who stayed there for a while and worked temporarily before immigrating to the study area. The urban area has gained an important role in migration to forests in the Selva as a place of birth of migrants and for its function in step migration.
  • Beatriz C. BOLANHO, Eliane D.G. DANESI, Adelaide P. BELÉIA
    Food Science and Technology Research
    2013年 19 巻 6 号 1061-1069
    発行日: 2013年
    公開日: 2014/01/21
    ジャーナル フリー
    The peach palm cultivated for the industrial canning of heart-of-palm has different portions whose utilization can be maximized. The aim of this work was to evaluate the composition and structure of all portions of peach palm rod and to investigate the possible utilization of the by-products for flours processing. The central edible portion had the highest content of protein, fat, starch and the lowest level of dietary fiber. The highest content of oxalic acid was found in the shell. The tissue is formed by fibrous elements, xylem and phloem vessels, amiloplasts and calcium oxalates in druses and raphides. Although the oxidative enzymes of by-products were inactivated during drying at 90°C for 36 h, the color parameter indicated that the flours should be dried at 60°C. The median sheath flour had a lower content of oxalic acid and tannins than the stem flour, but similar content of phytic acid.
  • Roberto Porro, Alejandro Lopez-Feldman, Jorge W. Vela-Alvarado, Lourdes QuiÑonez-Ruíz, Zully P. Seijas-Cardenas, Miguel Vásquez-Macedo, Clemente Salazar-Arista, Vladimir I. NúÑez-Paredes, Jefferson Cardenas-Ruiz
    Tropics
    2014年 23 巻 2 号 47-62
    発行日: 2014/09/01
    公開日: 2014/09/01
    ジャーナル フリー
    Findings from a survey on sources of income and land allocation outcomes of 578 households from 26 communities with diverse ethnic composition at distinct environmental settings in Ucayali (Peruvian Amazon) are used to contrast livelihood strategies featuring high forest and high agriculture dependency, examining whether agricultural intensification can be linked to lower deforestation. A typology of households based on their land use allocation profile was used to assess current and cumulative cleared land. Recently cleared areas by households oriented to perennials, semi-perennials and pastures were similar to those focusing on annual crops. Multiple class comparisons provided evidence that land use intensification is not associated to land sparing. Near 40% of the households’ annual income was derived from forests, followed by agriculture (25%), wages (17%) and livestock (11%). Income structure was used to determine high dependency on forests and on agriculture, featured by respectively 24% and 17% of the households, while 10% relied mostly on wages and/or businesses and half of them had a balanced income structure. Results indicate different expressions of the criticality of forest products, highlighting livelihood strategies based on the integration of income sources. Moreover, the study shows that despite the relevance of forest products, mestizo and indigenous livelihoods heavily depend on agriculture. Policy interventions aimed at environmental conservation and economic development will only be successful when strengthening the integration between agriculture and forest use featured by different social groups in the Amazon.
  • 平岡 マリオ
    Geographical review of Japan, Series B
    1985年 58 巻 1 号 1-23
    発行日: 1985/04/01
    公開日: 2008/12/25
    ジャーナル フリー
    本稿は,ペルー・アマゾンの氾濫原を生活空間としたメスチソの自給的生活様式を,文化生態論的視点から検討したものである。河川を中心とする経済は,土着的な資源利用の技術に基づいており,河川水の水平的および垂直的な運動によって生じる多様なバイオトープを,体系的に利用するものである。河岸に居住するメスチソの自給的生活様式を説明するために,DENEVANが提出した,農業の水平的地帯分化のモデルを用いた。住民の食料および衣料にかかわる需要の大部分は,農耕によって満される。混植型の焼畑移動耕作と,多品種永久畑耕作の二つの農耕システムが存在する。前者は,洪水に見舞われることのない堤防上で行われるが,後者は,毎年増水期に水没する土地で見られる。農耕以外には,食料と市場に出す財を得るための重要な補足的な生業として,採集,漁〓,狩猟が行われている。こうした伝統的な生業技術嫉・市場経済に対して適応力を示してきており,この点で,アマゾソ開発には潜在的な価値を持ち得るものであろう。氾濫原の土壌では,河川の氾濫によって,植物のための栄養物質が周期的に供給されるため,収穫の持続した農業と,余剰食料の生産が可能である。また,多様なバイオトープを利用する農業は,家族農業に適している。したがって,とくに農業の生産性が低く,人口の稠密な地域から,多数の人口を受け入れる潜在力が存在する。大規模な農業開発行為によって,著しい環境破壊が生じている河間地帯に比較して,氾濫原の環境は,集約的で継続的な利用に,より大きな可能性を有するのである。
feedback
Top