日本補綴歯科学会誌
Online ISSN : 1883-6860
Print ISSN : 1883-4426
ISSN-L : 1883-4426
専門医症例報告
不良補綴装置による審美・咀嚼障害に対して全顎的な補綴処置による改善を図った症例
尾関 創
著者情報
ジャーナル 認証あり

2024 年 16 巻 2 号 p. 295-298

詳細
抄録

症例の概要:患者は64歳の女性で歯頸部の歯肉退縮および齲蝕による審美不良,咀嚼機能低下および咬合痛による咀嚼困難を主訴に来院した.重度歯周疾患,歯冠補綴装置の咬合面に破損と咬耗を認め,咬合高径の低下が疑われたため,プロビジョナルレストレーションにて咬合挙上を行い経過観察したのちに,最終補綴装置を装着した.

考察:プロビジョナルレストレーションを用いて十分な咬合の確認,歯周組織の安定を図ったことが,良好な審美性,咀嚼機能の回復につながったと考えられる.

結論:治療のゴールを見据えた治療計画に従い,咬合高径,咬合平面を是正したのち,最終補綴を行ったことにより良好な結果を得られた.

著者関連情報
© 2024 公益社団法人日本補綴歯科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top