赤門マネジメント・レビュー
Online ISSN : 1347-4448
Print ISSN : 1348-5504
コンピュータ産業研究会報告
ファイル交換は被害を与えているか?
Winnyの社会的是非とネット配信への示唆
田中 辰雄
著者情報
ジャーナル フリー

4 巻 (2005) 8 号 p. 417-430

詳細
PDFをダウンロード (596K) 発行機関連絡先
抄録

コンテンツを保持する音楽・映画業界は、違法コピーによって著作権が脅かされることを恐れ、ネット上の流通に消極的である。しかし、コピーが売上へどれほど影響を与えるかは明らかではない。違法コピーが禁じられたとして、そのユーザがオリジナルを買うとは限らないからである。本稿ではファイル交換ソフトWinnyをとりあげ、これによる音楽CDのファイル交換がオリジナルCDの売上を減少させているかどうかを調査した。結果、WinnyがCD売上を減少させている証拠は乏しく、仮に減少させているとしてもきわめて僅かであることが示された。著作権保護の最適水準の立場からは、現状の著作権保護水準は過剰であり、少し弱めた方が社会的厚生は高まる。またビジネスの立場からは、少々の違法コピーは恐れずにネット配信に乗り出すべきである。

著者関連情報
© 2005 特定非営利活動法人 グローバルビジネスリサーチセンター
前の記事 次の記事

閲覧履歴
ジャーナルのニュースとお知らせ
  • AMRは全コンテンツ無料・オープンアクセスのオンライン・ジャーナルです
feedback
Top