赤門マネジメント・レビュー
Online ISSN : 1347-4448
Print ISSN : 1348-5504
コンピュータ産業研究会報告
コミュニティリード・イノベーション
構造的な間による創発性マネジメント:先進IT企業のイノベーションマネジメント手法と実践事例
枷場 博文福原 義久
著者情報
ジャーナル フリー

6 巻 (2007) 9 号 p. 433-450

詳細
PDFをダウンロード (941K) 発行機関連絡先
抄録

ソフトウェアがハードウェアの“おまけ”的存在であった時代から価値獲得の手段として主役となった現在に至るまで、コンピューター・ソフトウェア産業は、政府、学会、ユーザー、テクノロジーベンダーが渾然一体となった業界イノベーション・システムを形成し共進化してきた。各時代において競争に打ち勝ってきた大手ベンダーは、それぞれ独自の手法を用いて自社製品をイノベーション・パイプラインに送り込み、通過させることに成功している。本報告では、先端IT企業のイノベーションマネジメント手法としてコミュニティ・イノベーションを取り上げて考察する。

著者関連情報
© 2007 特定非営利活動法人 グローバルビジネスリサーチセンター
前の記事 次の記事

閲覧履歴
ジャーナルのニュースとお知らせ
  • AMRは全コンテンツ無料・オープンアクセスのオンライン・ジャーナルです
feedback
Top