ホソカワ粉体工学振興財団年報
Online ISSN : 2189-4663
ISSN-L : 2189-4663
平成28年度 研究助成成果報告
スピネルフェライトナノ粒子の誘導加熱温度の制御
岩﨑 智宏
著者情報
研究報告書・技術報告書 フリー

2018 年 26 巻 p. 36-40

詳細
抄録

磁気ハイパーサーミア(磁気温熱療法)は誘導加熱特性をもつ磁性ナノ粒子を用いたがん治療法であり,がん組織に集積させた磁性ナノ粒子を交流磁場により加熱し,正常細胞よりも熱耐性の低いがん細胞のみを死滅させる.したがって,磁気ハイパーサーミアでは磁性ナノ粒子の誘導加熱の制御が極めて重要である.そこで本研究では,優れた生体適合性と誘導加熱特性をもつマグネシウム亜鉛フェライトを磁性ナノ粒子のモデルに用い,その粒子径と磁性流体における凝集・分散が誘導加熱に及ぼす影響について実験的および数値的に検討した.その結果,クエン酸イオンと非イオン性界面活性剤を含むマグネシウム亜鉛フェライト磁性流体は3以下のpHでナノ粒子の凝集が生じ,分散状態に比べて発熱の低下が見られたことから,誘導加熱の制御では磁性ナノ粒子の粒子径だけでなく凝集・分散状態が重要な操作因子であることがわかった.

著者関連情報

This article is licensed under a Creative Commons [Attribution 2.1 Japan] license.
https://creativecommons.org/licenses/by/2.1/jp/
前の記事 次の記事
feedback
Top