日本教育工学会論文誌
Online ISSN : 2189-6453
Print ISSN : 1349-8290
論文
学校における実践研究の発展要因の構造に関するモデルの開発
-「専門的な学習共同体」の発展に関する知見を参照して-
木原 俊行島田 希寺嶋 浩介
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 39 巻 3 号 p. 167-179

詳細
抄録

 本研究は,学校における実践研究の発展要因の構造に関するモデルを開発することを目的とするものである.そのために,4つの小中学校を対象として,研究推進リーダーを務めた教師に,実践研究の詳細について,聞き取り調査を実施した.得られたデータを,「専門的な学習共同体」の発展要因に関する先行知見を参照して整理し,また4校間で比較して,学校における実践研究の発展を促す要因の構造を暫定的にモデル化した.次いで,モデルの信頼性を検証するために,あらたに別の3つの小学校を対象として,研究推進リーダーを務めた教師に,同様の聞き取り調査を実施した.得られたデータを,再度「専門的な学習共同体」の発展に関する知見を用いて分析し,3校間で比較して共通項を導き出した.そして,それらとモデルの整合性を分析して,その信頼性を確認した.また,一部の要因を加えて,要因間の順序性や関係性を考慮し,モデルを精緻化した.

著者関連情報
© 2015 日本教育工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top