日本教育工学会論文誌
Online ISSN : 2189-6453
Print ISSN : 1349-8290
ショートレター
鑑賞用教材のインタラクティブな機能が言語活動に与える影響に関する一考察
臼井 昭子佐藤 克美
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 40 巻 Suppl. 号 p. 129-132

詳細
抄録

美術科では言語活動を取り入れた鑑賞学習が重視されてきている.一方で,作品提示機器が充実していないなどの課題を抱えている.そこでインタラクティブな機能を持つ鑑賞用教材“D-FLIP Paintings”を開発した.本稿では,それを用いた鑑賞学習が意見の交流を喚起し新しい気付きをもたらすかについて明らかにするため,高校生6名2グループを対象に鑑賞の学習を行った.そして,生徒の発話を可視化した共起ネットワーク図や発話回数等を分析・考察したところ,インタラクティブな機能が意見の交流を活性化し新しい気付きをもたらした可能性があることがわかった.

著者関連情報
© 2017 日本教育工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top