日本教育工学会論文誌
Online ISSN : 2189-6453
Print ISSN : 1349-8290
ISSN-L : 1349-8290
ショートレター
初年次生のライティングにおける意識と執筆された文章との対応関係に関する考察
野瀬 由季子西口 啓太福山 佑樹三井 規裕
著者情報
ジャーナル フリー

2023 年 46 巻 Suppl. 号 p. 201-204

詳細
抄録

本研究では,初年次生はライティングにおいてどのような点を意識しており,その意識は文章にも適切な形で反映されるのか,意識と執筆された文章の対応関係を明らかにする.初年次生15名を対象とし,ライティングにおける意識を尋ねる質問紙調査を実施し,意識に照らし合わせて文章を分析した.その結果,意識している点はレポート執筆のルールとして適切であったが,執筆された文章には,1)主張と根拠のつながりや根拠の内容面が不十分,2)書き言葉・話し言葉の判断が不十分,3)想定する読み手の範囲が限定的,の3つの問題点が見られた.ここから,各問題点に応じて,意識と文章のズレを埋める支援を行う必要性が示唆された.

著者関連情報
© 2022 一般社団法人日本教育工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top