日本運動器看護学会誌
Online ISSN : 2435-001X
Print ISSN : 2186-635X
Non-cutting 針の有効性
脊椎麻酔後頭痛予防の検討
小川 ゆかり戸田 美奈子藤本 敦子
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2007 年 2 巻 p. 50-52

詳細
抄録

平成15年3月から平成17年3月までに当院で脊椎麻酔を行った患者200例の脊椎麻酔後頭痛の発生率,針の 形状(non-cutting針.cutting針)による脊椎麻酔後頭痛の発生率を調査し,脊椎麻酔後頭痛発生と年齢,性別, 安静時間との関連を調査した.non-cutting針を使用した患者で脊椎麻酔後頭痛の発生は1例もなかった.脊椎 麻酔後頭痛発生者,非発生者間の年齢,安静時間に有意差はなかった.性別は女性が有意に高かった.

著者関連情報
© 2007 日本運動器看護学会
前の記事 次の記事
feedback
Top