Palliative Care Research
Online ISSN : 1880-5302
原著
救急領域で終末期ケアを実践する看護師が抱く葛藤
佐竹 陽子荒尾 晴惠
著者情報
キーワード: 救急看護, 終末期ケア, 葛藤
ジャーナル フリー HTML

2018 年 13 巻 2 号 p. 201-208

詳細
抄録

研究目的は,救急領域で終末期ケアを実践する看護師の葛藤を明らかにすることである.救急看護に従事する看護師11名を対象に半構造化面接を実施し,内容分析を行った.その結果,[救命と看取りの混在][患者や家族のニーズの捉えにくさ][看護の目標の不確かさ]という救急領域の特徴が看護師の葛藤を引き起こしていた.葛藤には,[終末期ケアを実践する環境への葛藤][倫理原則に関する葛藤][家族や医療チームとの関係性から生じる葛藤][確信がもてないまま実践する看護ケアへの葛藤]という看護の役割を果たせないと感じる葛藤や,[看護師としての死生観がうむ葛藤]という看護師の心理的負担があった.救急という特殊な状況での終末期ケアとして看護の役割を検討すること,看護の目標は経過に応じて検討し医療チームや家族と共有すること,看護師への心理的支援としてデブリーフィングの機会をもつことの必要性が示唆された.

著者関連情報
© 2018日本緩和医療学会
前の記事 次の記事
feedback
Top