Palliative Care Research
Online ISSN : 1880-5302
ISSN-L : 1880-5302
症例報告
糖尿病を合併した終末期悪性リンパ腫患者の経口投与が困難な難治性悪心に対してアセナピン舌下錠が著効した1例
渡辺 裕之中村 和行石川 歩未李 振雨足立 康則鍋島 俊隆杉浦 洋二
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2021 年 16 巻 2 号 p. 133-138

詳細
抄録

【緒言】糖尿病を合併した終末期悪性リンパ腫患者の経口投与が困難な難治性悪心に対して,アセナピン舌下錠を使用し,悪心の改善ができたので報告する.【症例】78歳男性,糖尿病を併発するびまん性大細胞型B細胞リンパ腫の患者で右前頭葉,小脳に腫瘤や結節,周囲脳実質に浮腫が認められた.中枢浸潤が原因と考えられる悪心・嘔吐を繰り返し,経口投与はできなかったためメトクロプラミド,ハロペリドール,ヒドロキシジン注を併用したが,悪心のコントロールは困難であった.アセナピンは糖尿病患者にも使用可能で,制吐作用があるオランザピンと同じ多元受容体作用抗精神病薬に分類される.その作用機序から制吐作用が得られることを期待し,アセナピン舌下錠5 mg,1日1回就寝前の投与を開始した.アセナピン舌下錠の開始後,難治性悪心は著明に改善した.【考察】アセナピンは,難治性悪心に対する治療の有効な選択肢となる可能性がある.

著者関連情報
© 2021日本緩和医療学会
前の記事
feedback
Top