日本血管外科学会雑誌
Online ISSN : 1881-767X
Print ISSN : 0918-6778
症例
腹部大動脈瘤・大腿深動脈瘤に対してステントグラフト内挿術と大腿深動脈血行再建術を同時施行した1例
吉尾 敬秀丸山 雄二太田 恵介高橋 賢一朗井村 肇新田 隆
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 27 巻 6 号 p. 491-494

詳細
抄録

72歳男性.胸部大動脈瘤にて紹介となり,当院施行のCTで腹部大動脈瘤・左総腸骨動脈瘤・両側内腸骨動脈瘤・右大腿深動脈瘤を指摘された.上行弓部大動脈置換術を先行し,1年後に腹部大動脈ステントグラフト内挿術と同時に大腿深動脈瘤切除・人工血管置換を行った.術後CTやその後の経過観察にても良好な開存が得られている.無症状で発見される大腿深動脈瘤は,本症例のように他部位の動脈瘤を合併する場合が多い.動脈拡張に加え動脈瘤の多発する病態はarteriomegalyと呼ばれる.大腿深動脈瘤は破裂症例では視野不良のため血行再建が困難であり,胸部・腹部大動脈瘤や腸骨動脈瘤の症例ではarteriomegalyも考慮し,末梢まで検索することが肝要と考える.

著者関連情報

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-sa/4.0/deed.ja
前の記事 次の記事
feedback
Top