日本食品科学工学会誌
Online ISSN : 1881-6681
Print ISSN : 1341-027X
研究ノート
サケ白子デオキシリボ核酸のアルコール代謝促進効果
河原崎 正貴秋田 涼子杉本 正裕江成 宏之山本 茂
著者情報
ジャーナル フリー

2008 年 55 巻 12 号 p. 632-636

詳細
抄録

DNA-Na錠のアルコール代謝に対する影響について,健常な成人男性5名を対象としてアルコール負荷試験を行い,血中エタノール,アセトアルデヒドおよび酢酸濃度に対して統計解析を行った.その結果,血中エタノール濃度の動態は,両群において差異は認められず,DNA-Na錠を摂取することにより,アルコールの吸収阻害は生じていないと考えられた.またDNA-Na錠摂取群において,飲酒による紅潮,悪心の原因物質である血中のアセトアルデヒド濃度は,プラセボ錠摂取群と比較して有意な低値を示した.その代謝メカニズムについて,ラット肝ホモジネートを用いたin vitro評価系にて検討を行ったところ,DNA-Naが代謝,吸収されてヌクレオシド源となり,アセトアルデヒドから酢酸への代謝における補酵素ニコチンアミドアデニンヌクレオチド(NAD)の酸化-還元反応のサイクルに関与しているものと推察された.したがって,サケ白子由来DNA-Naは,悪酔い防止に役立つと期待される.

著者関連情報
© 2008 日本食品科学工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top