ホソカワ粉体工学振興財団年報
Online ISSN : 2189-4663
ISSN-L : 2189-4663
平成28年度 研究助成成果報告
コロイドシミュレーターKAPSELの実用性と機能の強化
山本 量一
著者情報
研究報告書・技術報告書 フリー

2018 年 26 巻 p. 135-139

詳細
抄録

計算科学を工学的な問題に用いる際の大きな阻害要因の一つに,問題に即した粒子間力モデルや境界条件にソフトウェアが対応していないことがある.従来のシミュレーションによる研究の多くは,実験結果の再現ができているかどうか,モデルそのものの物理化学が正しいかどうかの検討,あるいは純粋に科学的・学術的な興味からのアプローチが主であり,材料設計やプロセス設計のためのツールとして使える段階に至っていないことが多い.本研究では,コロイドシミュレーターKAPSELの実用性と機能の強化によって現実的な問題への応用を目指した.具体的には,1)粒子径より電気二重層が薄い場合に荷電粒子分散系を効率よくシミュレーションする粒子間力モデルであるDLVOモデルの実装,2)大規模シミュレーションを実現するためのシミュレータの並列化,3)外部電場により荷電コロイド粒子間に誘起される異方的相互作用の計算に取組んだ.

著者関連情報

This article is licensed under a Creative Commons [Attribution 2.1 Japan] license.
https://creativecommons.org/licenses/by/2.1/jp/
前の記事 次の記事
feedback
Top