日本教育工学会論文誌
Online ISSN : 2189-6453
Print ISSN : 1349-8290
資料
大規模公開オンライン講座(MOOC)におけるラーニング・アナリティクス研究の動向
藤本 徹荒 優山内 祐平
著者情報
ジャーナル フリー

41 巻 (2017) 3 号 p. 305-313

詳細
PDFをダウンロード (1162K) 発行機関連絡先
抄録

2012年以降,世界のトップ大学が一斉に大規模公開オンライン講座(MOOC)の提供に参入したことで,グローバルなオンライン教育プラットフォームとして急速に普及し,研究テーマとしての関心も急速に高まった.この動きの当初は,コース提供した大学による教育実践報告や,将来の可能性を展望する議論が中心だったが,近年では具体的な実証研究も進展しており,ラーニング・アナリティクスを取り入れた研究も見られるようになった.本稿では,MOOC に関するラーニング・アナリティクスの先行研究をレビューし,この分野の研究動向を概観したうえで,今後研究を進めていく上での論点や課題を検討する.

著者関連情報
© 2017 日本教育工学会
前の記事

閲覧履歴
feedback
Top