オレオサイエンス
Online ISSN : 2187-3461
Print ISSN : 1345-8949
ISSN-L : 1345-8949
総合論文
スキンケア化粧品における最近の油性原料及び乳化剤とその展望
橋本 悟
著者情報
ジャーナル フリー

2001 年 1 巻 3 号 p. 237-246,356

詳細
抄録

スキンケア化粧品は, 皮膚を保護しその機能を正常化することを目的に使用されている。これら望まれる機能を実現するために, 種々の油性原料や乳化剤・乳化技術が開発されており, それらは, いっそう機能化が追求される傾向にある。ここでは最近, スキンケ化粧品用に開発された新技術の中から, 特に, 油性原料として (1) セラミド及びセラミド製剤 (2) マカデミアナッツ油誘導体 (3) 油溶性プロビタミンC, 又, 乳化剤・乳化技術として (1) 界面活性剤の自己組織性の利用 (2) ポリグリセリン脂肪酸エステル (3) 高分子乳化剤 (4) レシチン・レシチン誘導体についてそれぞれ記述した。

著者関連情報
© 2001 公益社団法人 日本油化学会
前の記事 次の記事
feedback
Top