オレオサイエンス
Online ISSN : 2187-3461
Print ISSN : 1345-8949
ISSN-L : 1345-8949
受賞論文
外部刺激に応答する擬ロタキサンの合成と機能
村岡 雅弘
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 13 巻 4 号 p. 165-170

詳細
抄録

分子マシンや分子センサーに応用可能な新規機能性ロタキサンの合成を目的として,ビスアミド部位を有する輪分子が中性のフェナントロリンを軸分子として捕捉することで安定な擬ロタキサンを形成し,酸-塩基の添加により輪通し-輪抜き運動することを見出した。
一方で,ロタキサンにイオン認識能を導入することを目的に,ロタキサンの輪分子として新規クリプタンドを合成し,それを用いた擬ロタキサンの合成にも成功した。この擬ロタキサンは,アセトンなどの有機溶媒に溶解すると黄色を呈するのに対して,擬ロタキサンに対して等モル量のナトリウムイオンを加えると無色に変化することがわかった。本稿ではこれらの研究成果について紹介する。

著者関連情報
© 2013 公益社団法人 日本油化学会
次の記事
feedback
Top