霊長類研究 Supplement
第34回日本霊長類学会大会
セッションID: W3
会議情報

自由集会
和歌山タイワンザル「群れ根絶の報告」と千葉アカゲザル問題「現状と課題」
白井 啓川本 芳森光 由樹
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

日時:2018年7月13日(金) 14:40-17:50
場所:8号館6階8603教室

日本で特定外来生物に指定されているタイワンザル,アカゲザルが野生化し,ニホンザルへの交雑等が問題になっている。
2004年に青森県下北半島のタイワンザルの全頭捕獲が達成されたのに続いて,2017年12月,和歌山県北部で野生化していたタイワンザルの群れの根絶達成が,5年間の残存個体有無のモニタリングを経て,和歌山県知事によって公表された。366頭目である最後の交雑個体が捕獲,除去された2012年4月30日に根絶が達成されていたことになる。自由集会では群れ根絶の報告とともに,経過をふりかえり学んだことを整理する。
一方,千葉アカゲザル問題は対策が進められているものの,さらなる課題がある。房総半島南部に野生化しているアカゲザル個体群では,2000頭を超える捕獲,除去が進んでいるものの,半島中央部の房総半島ニホンザル地域個体群に交雑が波及し,ニホンザルのメスが交雑個体を出産しているという緊急事態になっている。そこには国の天然記念物「高宕山サル生息地」もあり,ニホンザル,ひいては房総半島の生物多様性保全のための今後の課題を整理する。
以上,行政を含む和歌山タイワンザル関係者,千葉アカゲザル関係者から報告し,会員のみなさまと議論する予定である。

責任者:白井啓,川本芳,森光由樹(保全福祉委員会)
連絡先:shirai@wmo.co.jp

著者関連情報
© 2018 日本霊長類学会
前の記事 次の記事
feedback
Top