リアルオプションと戦略
Online ISSN : 2189-6585
最新号
選択された号の論文の8件中1~8を表示しています
巻頭言
公開研究会 講演要旨
  • 北原 康富
    原稿種別: 講演要旨
    2018 年 10 巻 1 号 p. 2-7
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/11/27
    研究報告書・技術報告書 オープンアクセス
    本講演は、「ユーザー1関与のイノベーション」というテーマの下で、2つの異なるトピックを報告する。第一に、「素人発想と玄人実行は有効か」についての理論的検討である。本検討について、現在は仮説導出の段階であり、実証はこれからなので、是非、皆様から御指摘を参考にしたい。第二は、サービスの視点でのイノベーション機会の発見を、サービスだけでなくモノのイノベーションへ応用する実践的試みである。
  • 小崎 亜依子
    原稿種別: 講演要旨
    2018 年 10 巻 1 号 p. 8-14
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/11/27
    研究報告書・技術報告書 フリー
    本稿では、多様な働き方が必要になるのは、不可逆的な流れであることを説明し、フリーランスという選択肢について解説を行った。フリーランスといってもハイスペックからロースペックまで様々であるが、着目したいのは、企業のイノベーション創出や経営基盤強化に貢献できる「変革型フリーランス」であると述べた。企業に高い価値提供を行うフリーランスの事例も出てきてはいるものの、まだ多くの課題がある点にも触れた。フリーランス人口は全世界的に見て増加傾向にある。フリーランスをキャリアの選択肢として考える人にとっては、どういう要素が必要なのかを意識し た会社員時代を送ってほしい。変革型フリーランスのように企業に高い価値を提供できるようなフリーランスであれば、自ら仕事を選択することができ、一定程度の単価水準を保つことができるからだ。変革型フリーランスというキャリアについて、どういう要素が成功要因になり得るのかなどの詳細な研究は今後の課題としたい。
第1回国際SDGsフォーラムルポ
査読論文
  • Bate Moses Ayuk
    原稿種別: 査読論文
    2018 年 10 巻 1 号 p. 16-28
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/11/27
    研究報告書・技術報告書 オープンアクセス
    Investment needs for the Sustainable Development Goals (SDGs) are huge. Official resource flows cannot make up the gap, and private market financing is on the rise. SDGs bonds issued by the World Bank, the Hong Kong and Shanghai Banking Corporation (HSBC), and the Australian and New Zealand Banking Group (ANZ) were all oversubscribed, mainly by institutional investors motivated by the SDGs’ promise to save humanity, the planet and ensure global prosperity. As the corporate sector and the financial markets increase their role in SDGs financing, the challenge for the issuers is how to balance financial reward incentives and the necessity to account for sustainable development impact, which is the basic motivation for most SDGs bonds investors. How can SDGs linked bonds indexes and prices be made to respond to SDGs progress? Insights from financial theory suggest that indexes of bonds issued for development purposes should have a strong correlation with an indicator of well-being and economic progress. A cross-sectional regression of the SDGs Index (a measure of SDGs performance) against the Gross National Income per capita (a proxy for well-being), based on a sample of 117 countries, revealed a strong positive correlation between the two aggregates. From this finding, we recommend that SDGs bonds be linked to the SDGs Index; in this way, bond prices and indexes will reflect sustainable development performance. Moreover, since the relevance of the 17 SDGs, their baselines and pace of progress vary from one country or region to the other, we suggest that SDGs bonds target specific countries or regions, and thematic areas of the SDGs.
  • 森平 爽一郎, 伊藤 晴祥, 小林 弘樹
    原稿種別: 査読論文
    2018 年 10 巻 1 号 p. 29-41
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/11/27
    研究報告書・技術報告書 オープンアクセス
    2015 年9 月25 日から27 日にニューヨーク国連本部にて開催された国連持続可能な開発サミット内にて、「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030 アジェンダ」が採択された。このアジェンダの中では、17 の目標と169 のターゲットからなる「持続可能な開発目標 (Sustainable Development Goals, SDGs)」が掲げられている。以上のSDGs の取り組みを推進するため、世界銀行が発行体、BNP Paribas が主幹事となり、SDGs を推進する企業からなる株価指数に連動する債券の発行を行った。本研究では、上記のSDGs 推進企業株価に連動し、かつそのオプションと考えることができる世銀債 (SDGs世銀債) の価値評価について考察する。分析の結果、15 年満期のSDGs 世銀債の価値が、額面100 に対して、91.02、20 年満期のSDGs 世銀債の価値が86.90 となり、発行体が投資家から利益を得ている債券であることが理解される。さらに、SDGs 世銀債の場合、SDGs 推進を目的とした資金調達をするために、このような仕組み債を発行してその利回りや額面償還額をSDGs 指数に連動させることは、必ずしもSDGs に資する活動を推進するような誘引を有するものではないと考えられる。日本版SDGs 債の発行の際には、債券のペイオフが企業業績や企業のSDGs への貢献度などと連動するようなスキームが必要であろう。
  • 伊藤 晴祥
    原稿種別: 査読論文
    2018 年 10 巻 1 号 p. 42-56
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/11/27
    研究報告書・技術報告書 オープンアクセス
    Previous empirical research papers suggest that CSR, ESG, and SDGs might have positive impacts on the firm value (Khan, Serafeim, and Yoon 2016 etc.) while a plethora of papers also suggest that some CSR and ESG factors have no or negative impact on the firm value (Kawamura and Nagata 2016 etc.). We analyze the impact of SDGs on the firm value by theoretical analysis distinguishing the firm value as cash-based value which is derived from the Discount Cash Flow method incorporating the magnitude of cash flow, market risk, and life span of the corporation, and recognized value derived by considering the investors’ utility to SDGs contribution in addition to cash-based value. Our analysis suggests that firm’s contribution to SDGs have positive impact on the firm value if it could increase the investor base, that is, SDGs could improve the recognized firm value. However, if the investors and shareholders care both SDGs contribution and the firm value, the cash-based firm value might be compensated. Mixed empirical results are consistent with our models because the positive impact of SDGs on the firm value via increment in investor base might be offset by the destruction of the cash-based firm value by the excessive investment to SDGs. In order to reach conclusion whether SDGs have positive impact on the firm value, we need to conduct more careful analysis constructing the SDGs index associated with the SDGs contribution by the firm. Additionally, our analysis suggests that if we desire to achieve SDGs at higher level, we need to understand the utility of investors and shareholders and consider the scheme providing the incentives for managers in order to make them maximize the utility of shareholders who care both SDGs and the firm value.
表紙・発行期間
feedback
Top