日本健康開発雑誌
Online ISSN : 2434-8481
Print ISSN : 2432-602X
ISSN-L : 2432-602X
最新号
選択された号の論文の13件中1~13を表示しています
巻頭言
総説
  • 木村 美也子, 尾島 俊之, 近藤 克則
    2020 年 41 巻 p. 3-13
    発行日: 2020/06/19
    公開日: 2020/06/19
    [早期公開] 公開日: 2020/06/02
    ジャーナル フリー

    背景・目的 新型コロナウイルス感染症がパンデミック(世界的な大流行)となり、外出や人との交流が難しくなっている。こうした状況の長期化は、閉じこもりや社会的孤立の増加につながりうるが、それによる健康への弊害にはどのようなものが予想されるであろうか。本稿では、日本老年学的評価研究(Japan Gerontological Evaluation Study: JAGES)で蓄積されてきた研究から、高齢者の社会的行動と健康に関する知見を概括し、新型コロナウイルス感染症流行時の高齢者の健康の維持・向上に望ましい生活への示唆を得ることを目的とした。

    方法 JAGESによる研究の中から、高齢者の社会的行動と健康の関連を示した46件の論文(2009年~2020年発表)を抽出し、その知見を概括し、新型コロナウイルス感染症流行時に可能な健康対策について考察した。

    結果 介護、認知症、転倒、うつなどを予防し、高齢者の健康を維持・向上するためには、外出や他者との交流、運動や社会参加が重要であることが示された。それらの機会が制限されることで、要介護、認知症、早期死亡へのリスクが高まり、また要介護状態も重症化することが予測された。

    考察 社会的行動制限は感染リスクを抑えるために必要なことではあるものの、健康を損なうデメリットもあるため、感染リスクを抑えつつ、人との交流、社会参加の機会を設ける必要があると考えられた。密閉、密接、密集を回避しつつ、他者との交流を続けることで、感染リスクと将来の健康リスクが減じ得るだろう。

原著論文
  • 早坂 信哉, 樋口 善英, 野々村 雅之, 栗原 茂夫
    2020 年 41 巻 p. 17-22
    発行日: 2020/06/19
    公開日: 2020/06/19
    [早期公開] 公開日: 2020/03/13
    ジャーナル フリー

    背景・目的 一般公衆浴場の銭湯は、生活空間として身近にある公衆を入浴させる施設である。従って、地域の住民にとって銭湯は、保健、医療、福祉の面としての健康増進の場、地域社会におけるコミュニケーションの場・ソーシャルキャピタルを高める場として期待され、大変重要な社会的資源であると考えられる。本研究では銭湯利用頻度と健康指標の1つである主観的幸福感について、男女別・地域別・世代別の各指標から調査分析し、その関連を明らかにすることを目的とした。

    方法 インターネットを利用した横断研究を2018年9月に実施した。調査対象者558名(男性281名(50.4%)、女性277名(49.6%))であった。週1回以上の銭湯利用頻度の高い者と週1回未満の銭湯利用頻度の低い者の2群に区分し、各群の主観的幸福感を比較検討した。

    結果 銭湯利用頻度の高い者は主観的幸福感が高く、男性が女性より高かった。一方、地域別は、首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉の1都3県)より関西圏(大阪・京都・兵庫の2府1県)が高かった。さらに、年代別は、20~30歳代が高かった。以上より、銭湯利用頻度の高い者の主観的幸福感が高く、男性、関西圏、20∼30歳代の銭湯利用者で主観的幸福感が高いこととの関連が示唆された。

    考察 銭湯利用頻度の高い者の主観的幸福感は高く、男性、関西圏、20∼30歳代で特に高い傾向にあることがわかった。銭湯を習慣的に利用することで主観的幸福感が高まる可能性があると考えられ、銭湯の積極的な利用を進めることで地域住民の生活の質の向上につながる可能性がある。

  • 吉本 和樹, 清水 昌美, 井内 律子, 兎澤 惠子
    2020 年 41 巻 p. 23-32
    発行日: 2020/06/19
    公開日: 2020/06/19
    [早期公開] 公開日: 2020/04/24
    ジャーナル フリー

    背景・目的 認知症予防は高齢者にとって関心が高く、認知症予防の目的で趣味を持つようにしている高齢者も多くいるのではないだろうか。今回、通所リハビリテーション(デイケア)に通う要介護高齢者の趣味の実態とその関連要因について明らかにすることを目的に研究を行った。

    方法 近畿地方の同一府県内に立地する4か所の介護老人保健施設に併設されたデイケアに通う高齢者408人に対し研究協力の依頼を行った。そして協力が得られた高齢者に質問票について回答をしてもらった。分析方法として各変数については単変量解析、趣味の有無と各変数との関連についてはχ2検定を行った。

    結果 研究協力が得られた要介護高齢者106人に対する質問票を集計し解析した結果、趣味がある人は趣味がない人よりも運動習慣がある人の割合が高かった。また、運動習慣がある人のうち、教育歴が長い人及び独居の人ほど趣味がある人の割合が高かった。一方、運動習慣がない人については、同居者がいる人ほど趣味がある人の割合が高かった。

    考察 本研究によりデイケアに通う要介護高齢者に関して、趣味があることと運動習慣があることの間に関連があることが明らかになった。要介護高齢者に対して趣味の継続支援をすることが身体機能維持につながる可能性についての示唆が得られたのではないかと考える。

  • 原岡 智子, 池田 真幸, 早坂 信哉, 尾島 俊之
    2020 年 41 巻 p. 33-43
    発行日: 2020/06/19
    公開日: 2020/06/19
    ジャーナル フリー

    背景・目的 入浴は身体的・心理的な健康に効果があり、生活の重要な要素のひとつである。災害の被災地では、様々な入浴支援が行われている。本研究は、近年の災害において、事業者や施設による入浴支援の提供と支援を受けた状況を明らかにすることを目的とした。

    方法 過去の災害被災地で、半構造化面接によるインタビュー調査を実施した。災害の状況、組織等を考慮して支援者を選定して、支援関係の状況について調査した。受援者は入浴に支障の可能性があり入浴支援を受けた者とし、入浴関係について調査した。調査は対象者の同意を得て行った。インタビュー内容は録音しデータ化して分析した。

    結果 支援者9人、受援者17人の調査から、支援についての情報発信、入浴介助、平常時の備えと体制・組合の役割、支援者の健康の課題が抽出された。

    考察 平常時から、情報発信に関する人材育成や体制づくり、入浴介助のための関係機関や施設とのネットワークづくり、組合によるマニュアル作成や研修の実施が必要である。さらに、災害時には、入浴介助の専門職の活用、支援者の健康の確保のために専門家の支援や相談窓口の設置が必要と考える。

  • 渡邊 正知, 門田 麻由子, 田村 豊
    2020 年 41 巻 p. 44-51
    発行日: 2020/06/19
    公開日: 2020/06/19
    ジャーナル フリー

    背景・目的 硫化水素 (H2S) は脳内で産生され、神経調節物質として機能することが報告されている。さらに、外因性のH2Sガスには体温低下作用が示唆されている。そこで本研究では、体温調節における脳内H2Sの役割を明らかにすることを目的とした。

    方法 実験動物には、シリアンハムスター (Mesocricetus auratus) を用いた。環境温度に3時間順化させた後、体温測定実験を行なった。体温は、温度データロガーを用い、非拘束下で連続的に測定した。各種薬物は、カニューレを用いて側脳室内に5 μLの容量で投与した。

    結果 シスタチオニンβ-シンターゼ (CBS) の活性化剤である S-(5’-adenosyl)-L-methionineは、一過性の体温低下を誘導した。一方、3-メルカプトピルビン酸硫黄転移酵素の活性化剤であるジヒドロリポ酸は、体温に影響しなかった。そこで、CBSによって産生されるH2Sの体温調節への関与を検討した。冬眠様低体温の誘導には、CBS由来のH2Sの関与は認められなかった。一方、アセトアミノフェン (APAP) による体温低下はCBSの阻害剤により有意に抑制された。

    考察 脳内CBSによって産生されたH2Sが、APAPによる体温低下作用を制御していることが示唆された。

  • 早坂 信哉, 島津 智行, 松枝 和輝, 岩﨑 拓也, 野々山 昌生
    2020 年 41 巻 p. 52-57
    発行日: 2020/06/19
    公開日: 2020/06/19
    [早期公開] 公開日: 2020/04/23
    ジャーナル フリー

    背景・目的 入浴は様々な健康効果が報告されており、入浴方法も工夫されてきている。1-100㎛の微細な気泡(マイクロバブル)を混入させた湯への入浴と通常の水道水の沸かし湯への入浴の主観的評価の差を明らかにすることを目的とした。

    方法 健康な成人女性11名を対象に水道水浴とマイクロバブルを混入させた湯への入浴(MBU浴)をそれぞれ40℃15分全身浴の同一被験者内比較介入試験を実施した。入浴中のあたたまり感や幸せ感、肩こり感など14の主観的項目の評価をVisual Analog Scale (VAS)を用いて行った。各入浴時の測定値の平均を求めpaired-t検定で比較した。また合わせて僧帽筋の筋硬度を各入浴の前後で測定して比較した。

    結果 主観的評価項目のうち、全身のあたたまり感、リラックス感、くつろぎ感、幸せ感、肌のしっとり感、肌のさっぱり感、上質感・高級感、贅沢感、「わくわくする」感じ、「感動する」感じ、お湯の柔らかさ、ぐっすりと眠れそうかの12項目で有意な差をもってMBU浴が良好な結果だった。筋硬度は入浴の種類による差は無かった。

    考察 MBU浴は心身に良好な主観的変化を与える可能性があることが示唆された。水道水浴より強いMBU浴の温熱効果や白濁した湯色による影響の可能性がある。

  • 早坂 信哉, 樋口 善英, 倉重 恵子, 曽我 俊博
    2020 年 41 巻 p. 58-64
    発行日: 2020/06/19
    公開日: 2020/06/19
    ジャーナル フリー

    背景・目的 近年では、浴槽に浸かる温浴より、シャワー浴で済ませる人の割合が増加している。しかし、シャワー浴は一般的に温浴よりも温熱も冷え性の改善効果が認められない。また、カシスポリフェノール摂取は血流を改善することが知られている。そこで、カシスポリフェノール飲用後にシャワー浴を行う場合と、通常の水道水飲用後にシャワー浴を行う場合と比較し、カシスポリフェノール飲用後にシャワー浴を行う場合とで、シャワー浴の温熱刺激後の保温効果冷え性の改善効果および湯冷め遅延効果が得られるかを、皮膚表面温度および舌下温(深部体温)の差から明らかにすることを目的とした。

    対象・方法 健康な成人女性10名を対象にカシスポリフェノール飲用後のシャワー浴と水道水飲用後のシャワー浴とを、それぞれ41℃で10分間ずつ行い同一被験者内比較介入試験を実施した。各入浴時における手足の皮膚表面温度および舌下温の測定を行い測定値の平均を求めpaired-t検定で比較した。

    結果・考察 手足の皮膚表面温度表面体温では、カシスポリフェノール飲用後で有意な差をもって保温効果が高まる結果が得られた。したがって、シャワー浴の前にカシスポリフェノールを飲用することで、手足の保温、湯冷め遅延効果が得られることから、シャワー浴の短所であるである、浴後の体温低下、(いわゆる湯冷め)冷え性の改善効果が得られる可能性があると示唆された。舌下温の測定では、有意な差はなかった。

    結論 カシスポリフェノールを飲用後のシャワー浴は、水道水を飲用後のシャワー浴よりも保温効果が高まり、体温維持の延伸効果が得られると考えられた。

助成研究
  • 中島 勇樹, 岩城 大介, 河江 敏広, 筆保 健一, 木村 浩彰, 岡村 仁
    2020 年 41 巻 p. 67-72
    発行日: 2020/06/19
    公開日: 2020/06/19
    ジャーナル フリー

    背景・目的 足浴は、ケアやリハビリテーションの一環として行われる。温熱療法は食欲の改善効果が報告されているが足浴が食欲に与える影響は不明である。そこで、足浴が空腹感、満腹感、胃の電気的活動、自律神経活動に与える影響を調査した。また、消化器がん患者に対して足浴を行ない効果を検証した。

    方法 健常成人男性11名、消化器がん患者1名に対し20分間足浴を行った。空腹感と満腹感をVisual Analog Scaleを使用して評価した。また、胃電図(正常波のパワー比、出現頻度)および心拍変動(心拍数、HF、LF/HF)の測定を行なった。

    結果 健常成人男性において足浴前と足浴後の20分の間に空腹感が増加した(P<0.05)が、胃電図、心拍変動は有意差を認めなかった。

    考察 足浴は、空腹感を増加させたが、胃の収縮頻度と収縮力、心拍変動に影響を与えなかった。本研究結果から足浴による下肢の加温が即時的に食欲に影響する可能性が示唆された。

  • 財津 將嘉, 吉原 達也, 久保田 史郎
    2020 年 41 巻 p. 73-78
    発行日: 2020/06/19
    公開日: 2020/06/19
    ジャーナル フリー

    背景・目的 近年、局所血流障害による妊娠高血圧のリスクが注目されている。しかし、妊娠中の水圧と軽度の運動を組み合わせたプール歩行が、腎血流改善によるレニン系抑制を通じて、腎機能にどのような影響を与えるか不明である。

    方法 対象者はプール歩行実施中の正常妊婦15名で、最初にプール歩行を1時間実施し、後日、地上歩行を1時間実施した。各歩行前後で各種パラメータ(レニン活性、アルドステロン、尿量、クレアチンクリアランス[CCr])を測定し、短期効果を比較した。また、長期効果として、妊婦11640名の既存データを用いて、妊娠高血圧症に対するプール歩行のprevalence ratioをポワソン回帰分析およびロバスト分散で推計した。

    結果 プール歩行によりレニン活性(6.8→5.5 ng/mL/h)およびアルドステロン(654→473 pg/mL)の平均値が有意に低下した(いずれもP<0.05)。プール歩行中の方が、地上歩行中よりも尿量(299 vs. 80 mL)とCCr(161.4 vs. 123.4 mL/min)の平均値がともに高かった(いずれもP<0.05)。一方、妊娠高血圧症に対するプール歩行の長期効果は観察されなかった(prevalence ratio 0.60、95%CI 0.35-1.02)。

    考察 正常妊婦においては、プール歩行が、短期的にレニン系抑制を介した腎機能改善につながることが示唆された。

  • 小谷 鷹哉, 田村 優樹, 中里 浩一, 石井 直方
    2020 年 41 巻 p. 79-86
    発行日: 2020/06/19
    公開日: 2020/06/19
    ジャーナル フリー

    背景・目的 筋力トレーニングによって骨格筋を肥大させることは、健康の保持・増進に重要である。本研究では、日本人が古くから習慣としてきた「入浴」が筋肥大効果を高める可能性に着目し、「筋力トレーニング後の入浴は筋肥大効果を高めるか?」を検証した。

    方法 本研究では、SDラットを「筋力トレーニング群」および「筋力トレーニング+入浴群」に分類し、左脚をコントロール脚とし右脚をトレーニング脚とした。筋力トレーニングについては、腓腹筋への電気刺激による等尺性収縮運動を10回×5セット行わせた。筋力トレーニングから3時間後に腓腹筋を摘出し、生化学分析を行った。

    結果・考察 骨格筋量は筋タンパク質合成と分解の出納バランスによって制御されることから、その両者を検討した。筋タンパク質合成の活性化において中心的な役割を担うmTORC1シグナル伝達系および筋タンパク質合成は、筋力トレーニングによって活性化されたが、入浴による影響は観察されなかった。筋タンパク質分解系において主要となるオートファジー系およびユビキチン系について、オートファゴソーム量の指標となるLC3-IIタンパク質量およびユビキチン化タンパク質量は筋力トレーニングにより有意に減少したが、入浴による影響は観察されなかった。これらの結果より、筋力トレーニング後の入浴は筋肥大効果を高めない可能性が示唆された。

  • カレイラ松崎 順子
    2020 年 41 巻 p. 87-93
    発行日: 2020/06/19
    公開日: 2020/06/19
    ジャーナル フリー

    背景・目的 東京オリンピックの開催が決定して以来,外国人観光客が急増しており,彼らは旅館,日帰り温泉,銭湯など様々な温泉施設を利用している。よって,本研究では温泉施設で働く従業員が外国人と簡単な英語でコミュニケーションできるように,温泉施設で働く従業員のための英会話のeラーニング教材を開発することにした。

    方法 ADDIEモデルを取り入れて,分析フェーズ(リスト作成・聞き取り調査),設計フェーズ(英語表現・デザイン決定),開発フェーズ(教材作成),実施フェーズ(温泉施設の従業員による学習),評価フェーズ(温泉施設の従業員による評価)の手順で研究を遂行した。

    結果 分析フェーズの聞き取り調査の結果,旅館・ホテルの従業員が必要とする英語表現と日帰り温泉の従業員が必要とする英語表現が異なることが明らかになった。よって,旅館・ホテルの温泉に関する英会話(30フレーズ)と日帰り温泉に関する英会話(48フレーズ)の2つにわけて動画を作成することにした。さらに,学習しやすいように「解説編」・「シャドーイング編」・「英語に瞬時に転換編」の3つの動画に分けた。実施フェーズでは7か所の温泉施設の従業員が本教材を使用して1か月間学習を行い,彼らが本教材の評価を行った。

    考察 本教材を学習した温泉施設の従業員の多くは「英語の初心者にも分かりやすい」「理解しやすい」「反復練習しやすい」などと本教材を高く評価していたが,課題・問題点もいくつかあがったため,今後も継続して修正・検討を行っていく。

  • 石井 愛海, 村上 慎之介
    2020 年 41 巻 p. 94-99
    発行日: 2020/06/19
    公開日: 2020/06/19
    ジャーナル フリー

    背景・目的 アトピー性皮膚炎(Atopic Dermatitis,以下AD)は、湿疹および慢性的なかゆみを伴い、増悪・寛解を繰り返す疾患で、根本的な治癒に至らない場合もある。本研究では近年AD寛解の症例が多数報告されている北海道豊富町の豊富温泉に注目し、そのAD抑制メカニズムの解明を目指した研究を実施した。

    方法 本研究ではADモデルマウスを用いて、豊富温泉由来の温泉水および油分によるAD抑制効果を評価した。AD発症後に温泉水の水浴や油分の塗布を行い、重症度スコア(SCORAD)などでAD様症状を比較した。

    結果 豊富温泉の油分を塗布した群(特に黒色油分を塗布した群)では、コントロール群と比較してSCORADの値が低値となった。

    考察 豊富温泉由来の油分(特に黒色油分)は、AD様症状を緩和する可能性が示唆された。

feedback
Top