日本獣医がん学会雑誌
Online ISSN : 1884-3352
Print ISSN : 1884-3344
ISSN-L : 1884-3344
最新号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
短報
  • 川村 裕子, 山根 裕樹, 水野 累, 澤 琴美, 三谷 佐和子, 三谷 聡
    2021 年 10 巻 2 号 p. 13-18
    発行日: 2021/12/31
    公開日: 2021/12/21
    ジャーナル フリー

    A 10-year-old spayed female Akita dog developed a mass of 41 × 81 mm in diameter on the neck. The mass was a non-functioning thyroid tumor that had invaded the posterior lymph nodes of the medial pharynx. In addition, a 30-mm-diameter mass lesion was found on the cephalic side of the left renal cortex. The patient underwent en bloc resection of the left thyroid gland and posterior medial pharyngeal lymph nodes, and a total nephrectomy of the left kidney. Histopathological examination revealed a medullary thyroid carcinoma, diagnosed as T2aN1aM1 stage IV with renal metastasis. A low-dose of carboplatin was administered as the follow-up adjuvant chemotherapy. As of the 525th disease day, the patient is stable without obvious metastasis.

  • 児玉 恵子, 児玉 和仁
    2021 年 10 巻 2 号 p. 19-24
    発行日: 2021/12/31
    公開日: 2021/12/21
    ジャーナル フリー

    11才、避妊手術済雌のチワワが健康診断のために来院した。超音波検査を実施したところ、脾臓に蜂の巣状エコー所見が認められ、FNAとリンパ球のPARRの結果からB-cellリンパ腫が疑われた。脾臓摘出術が実施され、マントル細胞リンパ腫(MCL)と診断された。第511病日、体表リンパ節が腫大しB-cellリンパ腫と診断された。遺伝子シークエンス解析により、脾臓のMCLとリンパ節のリンパ腫は異なり、それぞれ独立して発生したことが明らかになった。このことから、同じリンパ節の悪性腫瘍にも関わらず、脾臓に限局したMCLは脾摘単独で良好に治療可能であると考えられる。

目次
表紙
奥付
feedback
Top