詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "手洗い"
5,319件中 1-20の結果を表示しています
  • 名村 章子, 西嶋 攝子, 朝田 康夫
    日本皮膚科学会雑誌
    1992年 102 巻 12 号 1563-
    発行日: 1992年
    公開日: 2014/08/12
    ジャーナル 認証あり
    近年(1989年)米国Pennsylvania大学で考案されたFull-hand touch plate法と画像解析装置(Computerized Image Analysis)を用いて,手洗い時間による手表面の除菌効果を比較検討した.流水による手洗い時間を10秒,30秒,1分,3分間とし,手洗い前後に手掌をFull-hand touch plate用の培地に押しあて,37℃,48時間培養後コロニー占有面積を比較検討した.手洗い前を100として手洗い後の除菌率をpercent(%)reductionで表わした.結果は3分,1分,30秒,10秒の順で除菌効果は優れており,それぞれ76.4%,76.0%,65.5%,55.7%であった.手洗い時間10秒では55.7%と除菌効果は低く,1分では76%とかなり有効な結果であった.しかし3分間でも76.4%であり,手洗い時間は1分間もしくはそれ以上が必要と考えられた.また76%以上の除菌効果を得るためには殺菌消毒剤の併用が必要と考えた.
  • 山本 恭子, 桑本 志保, 鵜飼 和浩
    環境感染
    2005年 20 巻 4 号 243-248
    発行日: 2005/12/20
    公開日: 2010/07/21
    ジャーナル フリー
    強酸性電解水手洗いの連続施行による除菌効果と皮膚への影響について調べるために, 15秒間手洗いを1日5回連日5日間または1日10回5日間行い, 手指の細菌数, 角質層表面の細胞形態, および経皮水分蒸散量 (TEWL値) の変化を調べた.
    手洗い前および手洗い後の手指表面の細菌数を調べたところ, それぞれの日の1回目手洗いと比較してほとんどの場合で, その日の最終手洗いである5回目および10回目で細菌数の減少が見られた. すなわち, 1日5回以上手洗いを施行した場合は1回目手洗いと比べて除菌効果が高くなると考えられた. さらに, 手洗いの連日施行による皮膚表面の細菌数への影響を見るために, 各日1回目の手洗い前の細菌数について1日目を基準にして3日目, 5日目手洗い前を比較すると5回, 10回手洗い群共に有意差はなく, 連日手洗いによる皮膚表面の細菌数, すなわち通過菌への影響は翌日まで及ばないと考えられた. しかし, 1日10回5日間の手洗い施行により手指の常在菌数については有意な減少が認められた.
    皮膚への影響については1日10回5日間の手洗いを行い調べたところ, 角質層表面の細胞の細胞形態値, 重層値はともに手洗いを重ねるほどに低下し細胞変性が認められたが, 経皮水分蒸散量の上昇は認められず, 角質層のバリヤー機能への影響は無いと考えられた.
  • 第1報看護師へのアブローチ
    黒須 一見, 太田 真弓, 市川 利枝, 小川 和子, 深澤 けい子, 江国 かほる, 茂木 玲子, 工藤 晶子, 吉山 明子, 根本 美恵子
    環境感染
    2004年 19 巻 3 号 356-359
    発行日: 2004/08/10
    公開日: 2010/07/21
    ジャーナル フリー
    都立荏原病院では, 平成12年4月にリンクナースを立ち上げ, 医師・看護師65人を対象に手洗い動作の観察と手洗い後の菌残数調査を実施した. この際, 正しい手洗い方法について理解されていないことや手洗いの1つ1つの動作が不十分であるなどの問題が見られ, 職員への手洗い方法の技術の習得と徹底が課題となった. そこで平成13年度は全病棟看護師270名を対象とし, 手洗いの学習会と手洗い行動の観察 (5回) 及び手洗い後の菌数調査 (パームスタンプ使用) を実施し, 培養後のパームスタンプをデジタルカメラで撮影し, フィードバックした. その結果, 看護師の手洗いの意識が高まり, 手洗い行動の改善につながった.
  • 矢野 久子, 小林 寛伊, 奥住 捷子
    環境感染
    1995年 10 巻 2 号 44-47
    発行日: 1995/10/20
    公開日: 2010/07/21
    ジャーナル フリー
    病院感染防止のために衛生学的手洗いは重要である. しかし, 病棟などでの手洗いの頻度, 手洗い時間の短さが指摘されている. 高度に手指汚染した場合の手洗い時間, 手洗い方法とその効果について検討した.
    手洗いの訓練を受けていない対象者1名の手指 (片手) に, 7.0×108 CFU/mlStaphylococcus aureusまたはEscherichia coliを片手に100μlずつ付着・乾燥させた後に衛生学的手洗いを行った. 手洗いの時間は5-60秒であり, 手洗い方法は流水のみ, 石鹸と流水, 4w/v%手洗い用クロルヘキシジンと流水, 10w/v%ポビドンヨードと流水て, 片手ずつ手掌全体を培地に押しつけた. 各群の手洗いは5回ずつ行った. 培養後, 菌数算定を行い, Wilcoxonの符号順位検定を行った.
    流水のみで5秒間手洗いをした場合の対数減数log10 reductionは, S. aureusが4.0, E. coliが3.2であった. 流水のみ. および石鹸と流水による30~60秒間の手洗いの場合では, 両付着菌とも十分には除去されなかった. 両消毒薬を使用して20秒間以上の手洗いを行うと, 付着菌はほぼ除去された. 両消毒薬を使用しての手洗いは, S. auyeusはどの手洗い時間でも, E. coliは10秒間以上の手洗いで, 流水のみあるいは石鹸と流水での手洗いと比較して有意 (p<0.05) に菌数が減少した.
    以上より, 手洗いは行うことが第一に重要である. 高度の汚染の場合は, 消毒薬を使用して20秒間以上の手洗いを行う必要がある.
  • 藤田 直久
    環境感染
    2004年 19 巻 1 号 103
    発行日: 2004/01/26
    公開日: 2010/07/21
    ジャーナル フリー
  • 久保田 歌子, 山本 富子, 飯浜 澄子, 佐々木 利枝, 渡辺 初江, 林 キイ子, 歌代 一朗, 小林 寛伊, 都築 正和
    医科器械学雑誌
    1975年 45 巻 7 号 365-367
    発行日: 1975/07/01
    公開日: 2020/11/30
    ジャーナル フリー
  • 貫 久望子, 北脇 秀敏
    農村計画学会誌
    2017年 36 巻 1 号 46-52
    発行日: 2017/06/30
    公開日: 2018/06/30
    ジャーナル フリー
    In this research, hand washing behavior in rural and urban Cambodia was studied as an important hygiene practice. This study described the results of the removal efficiency of hand contamination by using various washing agents. Surveys were carried out on types of washing materials in possession and usage, reasons of hand washing, monthly expenditures per person. It was concluded that inhabitants in the rural area were not able to use appropriate hand washing agents such liquid soap and solid soap under their restricted economic situation.
  • 粕田 晴之, 福田 博一, 林 和, 相賀 美幸, 島崎 則子, 越智 芳江
    環境感染
    1999年 14 巻 2 号 132-135
    発行日: 1999/05/20
    公開日: 2010/07/21
    ジャーナル フリー
    本邦での手術時手洗いはスクラブ剤を使用したブラシングを中心に行われてきたが, この方法は皮膚を損傷するおそれのあることと手洗い時間が長いという欠点を有している.我々は, 先に看護婦を対象としグローブジュース法を用いて擦式エタノール薬を併用した短時間手洗い法の有用性について報告したが, 今回は医師を対象として検討した.
    手洗い前の片手当り手指生菌数が104cfu以上で, 「現行の手洗い法: 4%クロルヘキシジンを用い, 素洗いと3回のブラシングで計8分間の手洗い」と「新しい手洗い法: 4%クロルヘキシジンを用いた揉み洗い2回と爪周囲のブラシング1回, 0.2%クロルヘキシジン添加エタノール液を用いたラビング1回で計4分間の手洗い」を2回づつ実施できた外科系医師28名を対象とした.指数減少値からみた減菌効果が, 「現行の手洗い法」では手洗い直後および3時間後が1.49±0.66 (M±SD) および0.99±0.71であったのに対し, 「新しい手洗い法」ではそれぞれ1.61±0.55および1.44±0.52と高い値を示し, 3時間後では両者に有意差が認められた (p<0.05).「新しい手洗い法」は, 揉み洗い中心の短時間で簡便な方法であるにもかかわらず, 手洗い直後ばかりでなく, 手袋をして3時間後にも引き続き殺菌効果を持続する有用な手洗い法であることが示された.
  • 江田 純子
    日本看護研究学会雑誌
    1998年 21 巻 3 号 3_308
    発行日: 1998/06/30
    公開日: 2020/11/14
    ジャーナル フリー
  • 山本 恭子, 桐村 智子, 鵜飼 和浩
    環境感染
    2000年 15 巻 3 号 213-219
    発行日: 2000/08/23
    公開日: 2010/07/21
    ジャーナル フリー
    強酸性電解水手洗いによる皮膚への影響を角質層表面の細胞変性と経皮水分蒸散量 (TEWL値) より検索し, 除菌効果と合わせて検討した.
    皮膚への影響について, 角質層表面の細胞変性をみると60秒3回の手洗いで強酸性電解水は水道水, ウェルパス®, ヒビスクラブ®よりも強い変性が認められたがTEWL値に変化はみられなかった.また, 強酸性電解水1回手洗いを15, 30, 60秒間で比較すると細胞変性は15秒間, 30秒間手洗いではいずれも60秒間と比較し軽度であった.しかしTEWL値は15, 30, 60秒間の手洗いでは変化は認められなかった.除菌率は15秒間手洗いで平均66.6%, 30秒間手洗いで89.5%, 60秒間手洗いで91.0%であり, 15秒間手洗いは30秒間, 60秒間手洗い群と比べ劣っていた.
    さらに, 臨床の場における手洗いを考慮し15秒間および30秒間手洗いを連続20回行うと, 両群とも細胞変性が認められたが, 15秒間手洗い群では48時間後, 30秒間手洗い群では72時間後に元の状態に回復した.TEWL値は30秒間手洗い20回終了直後に増加が認められたが24時間後には元の状態に回復した.
    以上の結果より, 強酸性電解水手洗いにおいて皮膚への影響を最小限に抑え, しかも除菌効果を得るためには30秒間の手洗いがもっとも適していると考えられた.また, 強酸性電解水手洗を頻回に行う場合には常に手荒れの可能性があり, 手荒れ予防対策を考慮する必要があろう.
  • 手指汚染を視覚的に即時に確認できる装置を使用して
    広瀬 幸美, 矢野 久子, 馬場 重好, 小玉 香津子, 木村 哲
    環境感染
    1999年 14 巻 2 号 123-126
    発行日: 1999/05/20
    公開日: 2010/07/21
    ジャーナル フリー
    手洗いは病院感染防止のために最も重要な手段であるが, 医療従事者の手洗いは十分に行われていない.手洗いの動機づけを高める教育を徹底することが重要である.今回, 臨床実習直前の看護学生98名を対象に, 手指の洗い残しが視覚的に直ちに確認できる装置を用いて「衛生学的手洗い実習」を行い, その教育効果について検討した.
    1) 講義前後の手指における洗い残しの変化では洗い損ねた汚染指先の数は, 講義前;平均6.8から講義後;平均1.2に, 洗い損ねた指間の数は講義前;平均5.5から講義後;平均3.1と有意に減少した (p<0.001).手のひら, 手首・第1指の洗い残しも講義前に比べて講義後は有意に減少した (p<0.01, p<0.001).
    2) 手洗いをし損ないやすいと考える部位の変化では, 実習前に比べて実習直後は手のひら, 指先・第1指で手洗いをし損ないやすいと考える学生が有意に増加した (p<0.01, p<0.001).
    以上のことから臨床実習を直前にした看護学生に対して, 自分で行った手洗いを直接確認できる装置を用いた「衛生学的手洗い」の実習は教育上効果があり, 院内感染防止上も意義があったと考えられる.
  • 檜山 明子, 山本 美紀, 休波 茂子
    日本看護研究学会雑誌
    2009年 32 巻 3 号 3_257
    発行日: 2009/07/03
    公開日: 2019/09/30
    ジャーナル フリー
  • 大須賀 ゆか
    日本看護科学会誌
    2005年 25 巻 1 号 3-12
    発行日: 2005/03/20
    公開日: 2012/10/29
    ジャーナル フリー
    【目的】本研究は, 手洗い行動に関係性の強い因子を明らかにし手洗い行動の改善への示唆を得ることを目的とした.
    【方法】2病院の看護師93名を対象に構成的観察法と自記式質問紙法を実施し, 手洗い行動 (手洗いの実施・手洗いの質) と経験, 教育, 関心, 知識, 忙しさ (看護業務量・スタッフ不足) の関係の有無・関係の強さを探索した.
    【結果】手洗いの実施には看護業務量, 教育, 経験が影響していた. 手洗いの質には看護業務量とスタッフ不足が影響していた. 手洗いの実施では, 看護業務量の変数である1時間の仕事数が25を超えるとオッズ比は7.75となり, 35を超えると12.99となった (CI. 1.54~39.03, 1.64~102.72). 手洗いの質では, 仕事数が25を超えるとオッズ比は6.86となり, 35を超えると28.52 (CI. 1.43~32.95, 2.43~335.08) となった.
    【結論】手洗い行動に関係する因子は, 忙しさ, 教育, 経験であり, 手洗い行動を改善するためには, 看護業務の見直しを中心とした忙しさの改善, 擦式手指消毒剤を使用した手洗いの推奨とトレーニング, 感染に関する院内教育の充実の必要性が示唆された.
  • 佐々木 洋子, 鈴木 光子
    日本看護研究学会雑誌
    1998年 21 巻 3 号 3_309
    発行日: 1998/06/30
    公開日: 2020/11/14
    ジャーナル フリー
  • -看護職の手洗い実態と手洗い環境の汚染状況-
    山田 みゆき, 森本 七重, 松下 紀美子, 尾崎 富美代, 田中 美代子, 谷垣 友子, 山本 恭子, 鵜飼 和浩
    日本看護研究学会雑誌
    2001年 24 巻 3 号 3_136
    発行日: 2001/06/27
    公開日: 2020/08/18
    ジャーナル フリー
  • 鬼塚 薫, 西出 久美
    日本看護研究学会雑誌
    2003年 26 巻 3 号 3_334
    発行日: 2003/06/24
    公開日: 2020/06/19
    ジャーナル フリー
  • 山田 夏代, 大橋 美佳, 石田 和夫
    一般社団法人日本家政学会研究発表要旨集
    2012年 64 巻 3P-54
    発行日: 2012年
    公開日: 2013/09/18
    会議録・要旨集 フリー
    <目的>「衛生の基本は手洗いに始まり手洗いに終わる」といわれる。食品の衛生管理においてもその重要性に変わりはなく、平成20年に改正された大量調理施設衛生管理マニュアルでは、主にノロウイルス食中毒予防を主眼とした、石けんによる30秒2回洗いを推奨している。手洗いの効果を判定する方法として、紫外線に蛍光反応するローションを用い、洗い残しの多寡より推し量る簡便法が一般に普及しているが、目視によるため主観が入りこみ易く客観性に欠けるきらいがある。本研究では簡便法に画像処理を応用し、洗い残しの定量化を試み、2回洗いの有効性について検討した。<方法> 事前に手洗いの学習等を受けていない、栄養士養成施設に在籍する36名の学生を対象に実施。蛍光ローションを手全体に塗り込んだ後、固形石けんを用いて手洗いを行った。手洗い方法は学習前、学習後30秒1回、30秒2回の3パターンである。手洗い後、ブラックライトを照射、掌・甲に分けて写真撮影した。洗い残しに当たる蛍光反応部分を画像処理ソフトを用いて抽出し、その面積を計測した。<結果> 掌における洗い残しの割合は学習前7.7%、学習後30秒1回4.7%、2回3.7%であり、いずれも手洗い前と比較して有意な差(P<0.01)が認められたが、手洗いパターンによる差は認められなかった。甲における洗い残しの割合は学習前27.3%、学習後30秒1回11.9%、2回13.2%であり、掌と同様に手洗い前と有意な差(P<0.01)が認められた。また学習前と、学習後30秒1回・2回洗いとの間に有意な差(P<0.05)が認められ、手洗いパターンによる差が生じたが、1回洗いと2回洗いとの間に差は認められなかった。  
  • 櫻庭 智子, 山田 一朗
    日本看護研究学会雑誌
    2010年 33 巻 3 号 3_194
    発行日: 2010/07/21
    公開日: 2019/07/12
    ジャーナル フリー
  • -鼻腔内保菌・手荒れとの関連について
    川口 真紀子, 島内 千恵子
    日本看護研究学会雑誌
    2006年 29 巻 3 号 3_321
    発行日: 2006/07/24
    公開日: 2020/02/15
    ジャーナル フリー
  • 矢野 久子, 小林 寛伊
    環境感染
    1995年 10 巻 2 号 40-43
    発行日: 1995/10/20
    公開日: 2010/07/21
    ジャーナル フリー
    病院感染防止対策のうえで, 手洗いの重要性が強調されているにもかかわらず十分な衛生学的手洗いが行われていないという指摘がある. 今回, 気管内吸引前後の看護婦の手洗い行動の観察と手指の細菌学的状態を調べた.
    126回の気管内吸引前後における手洗い行動の観察結果では, 吸引前後に手洗いを行ったのは1回 (0.8%) であった. 吸引前後に手洗いをしないで素手で吸引, または吸引に際して手袋の着脱をしなかったのは25回 (19.8%) であった. 観察した全手洗い時間の平均は5.6秒 (標準偏差3.1) であり, 手洗い行動の不十分な現状が明らかになった.
    吸引前, 直後の看護婦の手指からはmethicillin resistant Staphylococcus aureus (MRSA), Serratia marcescens, Klebsiella pgumoniaeが検出された. 気管内吸引後, 8-12秒の4w/v%手洗い用クロルヘキシジンによる手洗いを行った後では, ほとんど細菌は検出されなかった.
    手洗いの不十分な現状とともに手洗いをまず行うことの重要性が明らかになった.
feedback
Top