詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "Visual Basic for Applications"
184件中 1-20の結果を表示しています
  • 近藤 一史, 並木 俊樹, 大向 隆三, 津田 俊信
    日本物理学会講演概要集
    2017年 72.2 巻 23pA42-6
    発行日: 2017年
    公開日: 2018/11/13
    会議録・要旨集 フリー
  • Hiroki Sato, Jinta Arakawa, Hiroyuki Akebono, Atsushi Sugeta, Yukihiko Kimura
    会議録・要旨集 フリー
  • Yasushi Ono, Kiyoshi Sogabe
    The Proceedings of the Asian Conference on Multibody Dynamics
    2010年 2010.5 巻 63826
    発行日: 2010/08/22
    公開日: 2017/06/19
    会議録・要旨集 フリー
    This paper is on the development of Multibody Dynamics Analysis Education Tools. To achieve this, the authors investigated the basic features which are required for this purpose. The authors also investigated the best environment to satisfy these features, and found that Java Applet is very useful for this purpose. Java Applet is free to install on a common PC, and every student can make use of the developed tools only if he/she can make use of a Web Explorer through Internet. Based on this idea, the authors have been developing the education support tools: especially for the education on vibration. The students can set the parameters on the Webpage, calculate the motion, and display the results as the Animation of the motion and Graphs of the motion at a point of interest. The transactions are very simple and the students make use of these tools at almost any place where they can make use of Internet. However, the development of these tools is not so easy because coding programs by Java Applet is not so easy. It is very important and valuable to customize/ improve the program, but it is not so easy especially for students. Recently, the authors found that EXCEL+VBA is very useful and powerful not only to overcome this shortcomings but also to have good performance. So, they are shifting the development of the tools to this side. The students can make use of EXCEL on almost all the PC's as almost standard, and they also can use VBA (Visual Basic for Applications) as a powerful language with Excel. The authors developed an educational tool for Planar MBD by using EXCEL+VBA. As the MBD analysis method, the authors adopted the augmented method in this tools.
  • 松本 圭太, 津吉 彰, 道平 雅一, 加藤 真嗣
    パワーエレクトロニクス学会誌
    2005年 31 巻 183
    発行日: 2006/03/31
    公開日: 2010/03/12
    ジャーナル フリー
  • 吉村 忠与志, 青山 義弘, 西宮 辰明
    Journal of Computer Chemistry, Japan
    2002年 1 巻 2 号 59-64
    発行日: 2002年
    公開日: 2003/04/26
    ジャーナル フリー
    Excel/VBAは、Visual Basic文法を成熟した者のみが利用できるものと考えていたが、古典的なBASICのような古いバージョンの文法をもカバーしていることを発見した。OSも古くなり、お蔵入りを余儀なくされていたBASICプログラムを多少の訂正を行なうことで、Excelで再利用できる。古いBASICプログラミングは、VBE(Visual Basic Editor)の一ウィンドウ画面でプログラムリストが確認できることから、プログラミング初心者にはデバッグ操作が容易であり、さらに、VBAの文法エラー表示を受けることができる。プログラミングという創発行為に対してExcel/VBAプラットフォームは教育に適していると思われる。
    また、これまで蓄積してきたBASICライブラリーのプログラムが有効に利用できることは、プログラミング教育の中できわめて重要なことである。一般的に普及しているExcelもすべての機能を有しているわけではなく、個々の問題解決において個性ある利用をプログラミングで実現できることに意義がある。
  • 西原 佑昇, 塩崎 尚子, 村瀬 幸生, 川端 健二
    医学検査
    2018年 67 巻 4 号 492-496
    発行日: 2018/07/25
    公開日: 2018/07/28
    ジャーナル フリー HTML

    成熟好中球におけるアルカリフォスファターゼ活性は,慢性骨髄性白血病や夜間発作性血色素尿症で低下することが知られている。また,その他の血液疾患でも変動がみられるため,アルカリフォスファターゼ活性の程度をスコア化した値であるneutrophil alkaline phosphatase(NAP)スコアは,各種血液疾患の鑑別のために日常的に実施される検査である。検査方法は,薄層塗抹標本にNAP染色を施した後,成熟好中球を観察し,陽性指数を計算するのみである。しかしスコアの算定は,当院では担当技師による計算に任せられるため,数値誤入力による単純計算ミスのリスクが常に伴うことが課題であった。そこで,Excelの標準機能であるVisual Basic for Applications(VBA)を用いて,好中球のNAP活性度分類と同時にNAPスコアおよびNAP陽性率の算出を自動で行う専用システムを開発した。これにより好中球分類作業が容易となるだけでなく,計算ミスのリスク回避,そして計算値の二重チェックにかかる手間も省略できる。またシステム開発費はかかっておらず,費用対効果は申し分ないといえる。本システムは,当院のようにNAPスコア算定業務の改善を図りたい施設にとって,作業効率および費用対効果の面で有用であると考える。

  • 大仁田 哲修, 石原 慎之, 矢野 貴久, 西村 信弘, 玉木 宏樹, 猪川 和朗, 森川 則文, 直良 浩司
    YAKUGAKU ZASSHI
    2021年 141 巻 3 号 441-445
    発行日: 2021/03/01
    公開日: 2021/03/01
    ジャーナル フリー
    電子付録

    Herein, we describe a case of an elderly patient with muscular dystrophy for whom control of the plasma vancomycin (VCM) concentration proved difficult when he developed a catheter-related bloodstream infection. The pharmacist initially carried out therapeutic drug monitoring using an estimate of the creatinine clearance (CLcr) level, which was based on the serum creatinine (SCr) and serum cystatin-C (CysC) levels, but was ultimately unable to control the plasma VCM concentration. Therefore, the plasma VCM concentration was predicted ex post facto using population pharmacokinetic parameters as a covariate; that is, directly including the glomerular filtration rate (GFRCysC) estimated from the CysC level, which is not affected by the muscle mass. As a result, the estimated VCM concentration was closer to the actual concentration than that predicted using CLcr. Furthermore, the results of examining the predictive accuracy according to the assessment of renal function at the time of initial VCM administration suggested that estimation of the trough concentration using GFRCysC might be useful in elderly patients with muscular dystrophy.

  • 小泉 嘉子
    日本教育心理学会総会発表論文集
    2006年 48 巻 PD023
    発行日: 2006/08/21
    公開日: 2017/03/30
    会議録・要旨集 フリー
  • 志村 俊昭, 小島 萌
    情報地質
    2015年 26 巻 1 号 15-20
    発行日: 2015/03/25
    公開日: 2016/08/19
    ジャーナル フリー
     マイクロソフトエクセルVBA(Visual Basic for Applications)によるポイントカウント・アプリケーションを開発した.このプログラムはエクセルシート内に配置したフォームコントロールのスイッチにより起動し,計数作業はパソコンのキーボードをタイピングすることで行う.このアプリケーションでは,岩石のモード測定において15種類の鉱物種別をキーボードの片手のブラインドタッチで計数可能である.エクセルシートに書いてある鉱物名を変更することで,この計数器は,微化石の種類別カウントなど,さまざまな計数作業に利用することができる.このアプリケーションは日本情報地質学会のウェブページからダウンロード可能である.
  • 井上 勝雄, 岸本 寛之, 酒井 正幸
    人間工学
    2008年 44 巻 Supplement 号 280-281
    発行日: 2008/06/14
    公開日: 2010/03/15
    ジャーナル フリー
  • 久保 敬, 大泉 哲哉, 熊谷 和志
    東北支部総会・講演会 講演論文集
    2002年 2002 巻
    発行日: 2002/09/06
    公開日: 2017/06/19
    会議録・要旨集 フリー
  • 山本 広祐
    計算力学講演会講演論文集
    2001年 2001.14 巻 F05-3
    発行日: 2001/11/27
    公開日: 2017/06/19
    会議録・要旨集 フリー
  • 菊池 佐智子, 輿水 肇
    ランドスケープ研究
    2010年 73 巻 5 号 693-696
    発行日: 2010年
    公開日: 2011/07/22
    ジャーナル フリー
    At the high density urban area where the urban type flood is common, it is difficult to construct a newer rainwater storage and infiltration plants in economically and spatially. As a strategy of saving water volume control, we focused on the storage effect of green roof. It is considered of value for torrential rain countermeasure, such as greening the unused roofs, rooftop terraces and ensuring the saving water volume. In this study, the purpose was to clarify the effictivity of storage-drain boards of green roof for a torrential rain. The obtained results are followings: 1.The storage-drain boards of green roof with a large surface area of two sides are able to delay rainfall runoff. The green roof panel with the largest surface area delayed the rainfall runoff about 1.5 times in runoff velocity. 2.The larger the runoff ratio grows, the more quickly the runoff velocity becomes. Runoff ratio has a relationship with relief structure of the storage-drain boards of green roof.
  • Keiya INAO, Hirozumi WATANABE, Dimitrios G. KARPOUZAS, Ettore CAPRI
    Japan Agricultural Research Quarterly: JARQ
    2008年 42 巻 1 号 13-21
    発行日: 2008年
    公開日: 2013/03/26
    ジャーナル フリー
    Rice production is one of the major non-point sources of pesticide pollution in Japan. Monitoring of pesticide concentrations in river systems detected a number of herbicides commonly used in paddy fields, and these concentrations may appear to have adverse effects on the aquatic ecosystem. In this paper, two mathematical models developed in Japan, the PADDY and PCPF models for simulating the fate and transport of pesticides in a paddy environment are introduced. These models have been validated with observed data from laboratory experiments and field monitoring studies. In addition, the application of a mathematical model (RICEWQ) modified in Europe for high tier risk assessment in paddies is provided. We applied the PADDY and PCPF models to controlling pesticide runoff losses from paddy fields and to ecological risk assessment in the aquatic environment. The recommendation from model simulations for reducing pesticide runoff from paddy fields are 1) application of an intermittent irrigation scheme with a high drainage gate and 2) application of a longer water holding period after pesticide application. In order to establish a realistic assessment and management procedure for environmentally-friendly rice production, it is important to develop and validate mathematical models adapted to paddies in the Asian region.
  • Yoshihiko TANAKA, Shunichi SUZUKI
    Proceedings of the ... International Conference on Nuclear Engineering. Book of abstracts : ICONE
    2007年 2007.15 巻 ICONE15-10531
    発行日: 2007/04/22
    公開日: 2017/06/19
    会議録・要旨集 フリー
    Two methods of applying Fracture Research Institute Theoretical Stress Corrosion Cracking model (FRI model), the theoretical SCC model developed by Shoji and Suzuki, to SCC growth analysis in a cylindrical component with stress distribution are proposed. FRI model has rarely been adapted to estimate SCC growth behavior in a real structural component in which the changing rate of stress intensity factor with time (dK/dt) naturally changes as the crack grows. One of the reasons might be the difficulty of solving the equation consisting of many parameters including dK/dt. In this paper, the authors propose two methods to conduct SCC growth analysis using FRI model. In Method 1 (Once-through method), the authors successfully applied FRI model to SCC growth analysis of 360 degree circumferential crack in a cylinder under the stress distribution by replacing dK/dt with the changing rate of stress intensity factor with crack length (dK/da). Method 1 is so easy that it can be achieved only using Worksheet functions of EXCEL. Method 2 (Iteration method) is relatively difficult solving the complex equation at each crack growth step. The authors performed Method 2 using originally developed codes with VBA, Visual Basic for Applications, for EXCEL. Method 2 is applicable to two-dimensional crack (semi-elliptical crack) contrary to Method 1 that is only for a one-dimensional crack. The details of Method 1 and Method 2, an example of application of FRI model to SCC growth analysis and the parameter study for FRI model are shown in this paper.
  • 立野 昌義, 雑賀 高, 水野 明哲, 加藤 潔
    工学・工業教育研究講演会講演論文集
    1998年 1998 巻
    発行日: 1998/07/30
    公開日: 2017/12/14
    会議録・要旨集 フリー
  • Eric Hu
    MACRO REVIEW
    2003年 16 巻 1 号 19-23
    発行日: 2003/05/05
    公開日: 2009/08/07
    ジャーナル フリー
    In last APCSEET (in Hong Kong) solar aided power generation concept has been proposed. Although the thermodynamic advantages of using solar energy to replace the bled off steam in the regeneration system of Rankine cycle coal fired power stations has been proven theoretically, the practical techno/economic feasibility of the concept has yet to be confirmed relative to real power station applications. To investigate the concept further, computer modelling software “THERMSOLV” has developed to simulate the steam cycle to assess the techno/economic merit of the concept for various power station structures, locations and local electricity market conditions. Two case studies, one in Victoria Australia and one in Yunnan Province, China, have been carried out with the software. This paper reports the structure and functions of the software, and the results of the two case studies. Although technically the concept is sound in both case studies, it was found from the case studies that under different scenarios ie. emphasis on fuel/coal saving or additional electricity generated (from solar), that payback times of adapting to this concept by modifying existing power stations are quite different. This to some degree may effect the specific application of this concept/technology.
  • E.K. ESAWI
    Journal of Mineralogical and Petrological Sciences
    2011年 106 巻 3 号 123-129
    発行日: 2011年
    公開日: 2011/07/05
    [早期公開] 公開日: 2011/05/03
    ジャーナル フリー
    電子付録
    The amphibole group is a complex, compositionally diverse group among silicates, and exists in large varieties of rock types and P-T ranges making it very useful P-T and petrogenetic indicator. In 2004 the International Mineralogical Association (IMA) revised its 1997 nomenclature scheme for amphiboles to accommodate all known amphibole species including several species discovered after 1997. The main difference between the 1997 and 2004 schemes is that amphiboles were divided into five groups in the 2004 scheme instead of four groups in the 1997 scheme. ClassAmp is an MS Excel-VBA program that implements the 2004 IMA revisions of and additions to the 1997 nomenclature scheme of amphiboles. In addition to implementing the new nomenclature scheme of amphiboles, ClassAmp is flexible where it can be used to classify microprobe or wet chemical analysis; obtain any combination of amphibole's cation names, cation values, structural formula names, structural formula values, groups, names, prefixes, and modifiers; properly format chemical symbols, associated with amphibole nomenclature so that the output can be directly imported to final drafts/publications; and determine pressure-temperature involves amphiboles as well as other petrogenetic determinations.
  • 田島 慎也, 岩崎 公法, 池永 愛, 徳永 嵩栄, 松山 裕, 二宮 省悟
    理学療法学Supplement
    2014年 2013 巻 0615
    発行日: 2014年
    公開日: 2014/05/09
    会議録・要旨集 フリー
    【はじめに,目的】最近,高齢者の尿失禁予防・改善を目的にストレッチポールひめトレ(以下:SPH)という商品(4cm×4.5cm×20.5cm円柱:株式会社LPN製)が開発された。これは簡単に利用しやすく,尿失禁の改善以外に姿勢やバランスに関しても,使用者から良好な反応を得ている。しかし,SPHに関しての研究報告はなく,客観的な効果検証はなされていない。そのため,SPHが姿勢とバランスにどのような影響を与えるのかを目的に検討を行った。なお,本研究の一部は日本コアコンディショニング協会(以下,JCCA)の助成を受けて実施された。【方法】対象は,健常な学生81名(男性42名,女性39名:平均年齢21.5±1.5歳)。このうち,対象群1(何も行わない:24名),対象群2(SPHを使用しない:25名),実験群(SPHを使用する:32名)の3群を無作為に設定した。対象群1はトレーニングせず,対象群2と実験群は1回につき2セットのトレーニングを週3回,2週間継続して行った。トレーニングはJCCAが提唱するものをもとに,統一化を図るため計5分のトレーニング動画を作成し,研究者の管理下で行った。実験初日及び最終日に測定を行い,測定機器としてスパイナルマウス(インデックス有限会社)とバランスWiiボード(任天堂株式会社,以下Wiiボード)を使用した。測定項目は,スパイナルマウスによる姿勢(仙骨傾斜角,胸椎後彎角,腰椎前彎角),並びにWiiボードによる重心動揺(総軌跡長,重心最大移動距離)である。スパイナルマウスの測定方法は,座位では股・膝関節90°屈曲位,腰幅に足を開き,足底は接地,立位では足を肩幅に開いて実施した。Wiiボードの測定方法は,裸足で視覚的指標として壁に目線の高さのテープを張り被験者に注視を促した。静的バランスの座位では両上肢を組み,両下肢は床面に接地せずに測定した。立位では両踵間を20cm離し,足先を15°外側に向け,測定した。測定時間は30秒間とした。動的バランスの座位では前後左右とも両側殿部がWiiボードから離れない範囲で,最大限の重心移動を要求し,10秒間停止させた。立位では,被験者に安定して立位を保てる範囲内で前後左右に重心を移動させ10秒間測定した。Wiiボードから得られたデータはBluetoothを用いて,サンプリング周波数100HzでPCに転送され,フリーソフトFitTriを使用しCSVファイルとして保存される。その後,Microsoft ExcelのVBA(Visual Basic for Applications)を用いて,データ処理を行った。統計処理にはStudent’s T-Test,Welch’s T-Test,多重比較としてkruskal-wallis検定を用いて行った。統計解析ソフトはMicrosoft Excel2010,IBM SPSS statics19を用い,有意水準は5%とした。【倫理的配慮,説明と同意】対象者にはヘルシンキ宣言に沿って研究の主旨及び目的を十分説明し,書面にて同意を得た(川崎病院倫理委員会承認番号2001)。【結果】スパイナルマウスによる計測では,実験前後における座位の仙骨傾斜角が,参照値と比較した場合,トレーニング後,有意に増加(前傾)した。その他の胸椎後彎角,腰椎前彎角では有意差が認められなかった。また,Wiiボードによる計測では,実験開始から2週間後の静的立位(総軌跡長)の変化量を3群間で比較したところ,実験群が有意に減少していた。その他の項目については,有意差は認められなかった。【考察】スパイナルマウスの測定結果から,座位の仙骨傾斜角に有意差が認められた要因として,SPHの使用により,骨盤前傾位が促進されたことが考えられた。骨盤後傾位でSPHを使用すると,尾骨部とSPHが接触するため,自然に骨盤前傾位へと促されることが示唆された。また,骨盤前傾作用をもつ筋として,多裂筋が挙げられる(安彦ら,2010)。骨盤後傾位と比較して骨盤前傾位では多裂筋が優位に働くため,それに伴い仙骨傾斜角が増大したことが考えられた。他方,Wiiボードの測定結果から,実験群では静的立位において総軌跡長が有意に減少していた。このことから,SPHの使用により,骨盤底筋群への刺激が増大し,収縮が促進されることが示唆された。先行研究では,骨盤底筋群は他のインナーユニットと協働し,姿勢のコントロールに寄与すると報告されている(石井,2008)。そのため,インナーユニットが賦活され,腹腔内圧の上昇に伴い体幹の安定性が向上し,重心動揺が減少したことが推測された。今後は,対象者年齢層を広げ,トレーニング期間なども考慮し,さらにSPHに関するエビデンスを蓄積していく必要がある。【理学療法学研究としての意義】本研究により,理学療法の分野で注目されている,姿勢およびバランスに対するトレーニング法の一助として,SPHの有効性を示したことは,新たな理学療法を展開する上で大変意義があるものと考える。
  • 西尾 尚晃
    マリンエンジニアリング
    2017年 52 巻 2 号 259-261
    発行日: 2017/03/01
    公開日: 2018/03/01
    ジャーナル フリー
feedback
Top